このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: ExpandDims

#include <array_ops.h>

テンソルの形状に1の次元を挿入します。

概要

テンソルinput与えられると、この操作はinputの形状の次元インデックスaxisに1の次元を挿入します。次元インデックスaxisはゼロから始まります。 axisに負の数を指定すると、末尾から逆axisにカウントされます。

この操作は、単一の要素にバッチディメンションを追加する場合に便利です。たとえば、形状[height, width, channels]単一の画像がある場合、それを、 [height, width, channels]形状[height, width, channels]を作成するexpand_dims(image, 0)expand_dims(image, 0) 1つの画像のバッチにすることができ[1, height, width, channels]

その他の例:

# 't' is a tensor of shape [2]
shape(expand_dims(t, 0)) ==> [1, 2]
shape(expand_dims(t, 1)) ==> [2, 1]
shape(expand_dims(t, -1)) ==> [2, 1]

# 't2' is a tensor of shape [2, 3, 5]
shape(expand_dims(t2, 0)) ==> [1, 2, 3, 5]
shape(expand_dims(t2, 2)) ==> [2, 3, 1, 5]
shape(expand_dims(t2, 3)) ==> [2, 3, 5, 1]

この操作には以下が必要です。

-1-input.dims() <= dim <= input.dims()

この操作は、サイズ1の次元を削除するsqueeze()関連しています。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • 軸:0-D(スカラー)。 inputの形状を拡張する次元インデックスを指定しinput[-rank(input) - 1, rank(input)]の範囲でなければなりません。

戻り値:

  • Outputinputと同じデータが含まれますが、その形状にはサイズ1の追加の次元が追加されています。

コンストラクタとデストラクタ

ExpandDims (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, :: tensorflow::Input axis)

公開属性

operation
output

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

公開属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公開機能

ExpandDims

 ExpandDims(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  ::tensorflow::Input axis
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const