このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: ExtractImagePatches

#include <array_ops.h>

imagesからpatchesを抽出し、それらを「深度」出力次元に配置します。

概要

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • 画像:形状[batch, in_rows, in_cols, depth] 4次元テンソル
  • ksizes: images各次元のスライディングウィンドウのサイズ。
  • ストライド:2つの連続するパッチの中心が画像内でどれだけ離れているか。 [1, stride_rows, stride_cols, 1]なければなりません。
  • レート: [1, rate_rows, rate_cols, 1]なければなりません。これは入力ストライドで、2つの連続するパッチサンプルが入力内でどれだけ離れているかを指定します。 patch_sizes_eff = patch_sizes + (patch_sizes - 1) * (rates - 1)でパッチを抽出したpatch_sizes_eff = patch_sizes + (patch_sizes - 1) * (rates - 1)patch_sizes_eff = patch_sizes + (patch_sizes - 1) * (rates - 1)patch_sizes_eff = patch_sizes + (patch_sizes - 1) * (rates - 1)の係数で空間的にサブサンプリングすることとpatch_sizes_eff = patch_sizes + (patch_sizes - 1) * (rates - 1) rates 。これは、拡張された(別名Atrous)畳み込みのrateに相当します。
  • padding:使用するパディングアルゴリズムのタイプ。

戻り値:

  • Output :形状[batch, out_rows, out_cols, ksize_rows * ksize_cols * depth] 4次元テンソル。サイズksize_rows x ksize_cols x depth 「深さ」次元でベクトル化した画像パッチを含みます。 out_rowsout_colsは出力パッチのサイズです。

コンストラクタとデストラクタ

ExtractImagePatches (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input images, const gtl::ArraySlice< int > & ksizes, const gtl::ArraySlice< int > & strides, const gtl::ArraySlice< int > & rates, StringPiece padding)

公開属性

operation
patches

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

公開属性

操作

Operation operation

パッチ

::tensorflow::Output patches

公開機能

ExtractImagePatches

 ExtractImagePatches(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input images,
  const gtl::ArraySlice< int > & ksizes,
  const gtl::ArraySlice< int > & strides,
  const gtl::ArraySlice< int > & rates,
  StringPiece padding
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const