このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: ExtractVolumePatches

#include <array_ops.h>

inputからpatchesを抽出し、「深さ」出力次元に配置します。

概要

extract_image_patches 3D拡張。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • 入力:形状のある5次元テンソル [batch, in_planes, in_rows, in_cols, depth]
  • ksizes: input各次元のスライディングウィンドウのサイズ。
  • ストライド:長さ1の1-D。2つの連続したパッチの中心がinputどれだけ離れているか。 [1, stride_planes, stride_rows, stride_cols, 1]なければなりません。
  • padding:使用するパディングアルゴリズムのタイプ。

サイズ関連の属性は次のように指定します。

      ksizes = [1, ksize_planes, ksize_rows, ksize_cols, 1]
      strides = [1, stride_planes, strides_rows, strides_cols, 1]

戻り値:

  • Output :形状[batch, out_planes, out_rows, out_cols, ksize_planes * ksize_rows * ksize_cols * depth]を含む5次元テンソル。サイズksize_planes x ksize_rows x ksize_cols x depthは「深さ」次元でベクトル化されたパッチを含みます。 out_planesout_rowsout_colsは出力パッチの次元です。

コンストラクタとデストラクタ

ExtractVolumePatches (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, const gtl::ArraySlice< int > & ksizes, const gtl::ArraySlice< int > & strides, StringPiece padding)

公開属性

operation
patches

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

公開属性

操作

Operation operation

パッチ

::tensorflow::Output patches

公開機能

ExtractVolumePatches

 ExtractVolumePatches(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  const gtl::ArraySlice< int > & ksizes,
  const gtl::ArraySlice< int > & strides,
  StringPiece padding
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const