このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: MatrixDiagPartV2

#include <array_ops.h>

バッチ処理されたテンソルのバッチ処理された対角部分を返します。

概要

バッチ処理されたinputk[0]番目からk[1]番目までの対角を持つテンソルを返します。

inputr次元であると仮定しinput [I, J, ..., L, M, N]max_diag_len抽出するすべての対角線の最大長とし、 max_diag_len = min(M + min(k[1], 0), N + min(-k[0], 0)) num_diagsを対角線の数とする抽出、 num_diags = k[1] - k[0] + 1

num_diags == 1場合、出力テンソルは、形状が[I, J, ..., L, max_diag_len]で次の値を持つランクr - 1なります。

diagonal[i, j, ..., l, n]
  = input[i, j, ..., l, n+y, n+x] ; when 0 <= n-y < M and 0 <= n-x < N,
    0                             ; otherwise.
ここで、 y = max(-k[1], 0)x = max(k[1], 0)です。

そうでない場合、出力テンソルは次の値を持つ次元[I, J, ..., L, num_diags, max_diag_len]ランクrを持ちます。

diagonal[i, j, ..., l, m, n]
  = input[i, j, ..., l, n+y, n+x] ; when 0 <= n-y < M and 0 <= n-x < N,
    0                             ; otherwise.
ここで、 d = k[1] - my = max(-d, 0) 、およびx = max(d, 0)です。

入力は少なくとも行列でなければなりません。

例えば:

input = np.array([[[1, 2, 3, 4],  # Input shape: (2, 3, 4)
                   [5, 6, 7, 8],
                   [9, 8, 7, 6]],
                  [[5, 4, 3, 2],
                   [1, 2, 3, 4],
                   [5, 6, 7, 8]]])

# A main diagonal from each batch.
tf.matrix_diag_part(input) ==> [[1, 6, 7],  # Output shape: (2, 3)
                                [5, 2, 7]]

# A superdiagonal from each batch.
tf.matrix_diag_part(input, k = 1)
  ==> [[2, 7, 6],  # Output shape: (2, 3)
       [4, 3, 8]]

# A tridiagonal band from each batch.
tf.matrix_diag_part(input, k = (-1, 1))
  ==> [[[2, 7, 6],  # Output shape: (2, 3, 3)
        [1, 6, 7],
        [5, 8, 0]],
       [[4, 3, 8],
        [5, 2, 7],
        [1, 6, 0]]]

# Padding = 9
tf.matrix_diag_part(input, k = (1, 3), padding = 9)
  ==> [[[4, 9, 9],  # Output shape: (2, 3, 3)
        [3, 8, 9],
        [2, 7, 6]],
       [[2, 9, 9],
        [3, 4, 9],
        [4, 3, 8]]]

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • 入力: r >= 2であるrテンソルのランク付け。
  • k:対角オフセット。正の値は上対角を意味し、0は主対角を意味し、負の値は下対角を意味します。 kは、単一の整数(単一の対角の場合)または行列バンドの下限と上限を指定する整数のペアにすることができます。 k[0]k[1]より大きくてはいけません。
  • padding_value:指定した対角バンドの外側の領域を埋める値。デフォルトは0です。

戻り値:

  • Output :抽出された対角線。

コンストラクタとデストラクタ

MatrixDiagPartV2 (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, :: tensorflow::Input k, :: tensorflow::Input padding_value)

公開属性

diagonal
operation

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

公開属性

対角線

::tensorflow::Output diagonal

操作

Operation operation

公開機能

MatrixDiagPartV2

 MatrixDiagPartV2(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  ::tensorflow::Input k,
  ::tensorflow::Input padding_value
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const