このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: MatrixDiagPart

#include <array_ops.h>

バッチ処理されたテンソルのバッチ処理された対角部分を返します。

概要

この操作は、バッチinput diagonal部分を含むテンソルを返しinputdiagonal部分は次のように計算されます。

inputk次元[I, J, K, ..., M, N]であると仮定すると、出力は次元が[I, J, K, ..., min(M, N)] [I, J, K, ..., M, N]のランクk - 1テンソル[I, J, K, ..., min(M, N)]ここで:

diagonal[i, j, k, ..., n] = input[i, j, k, ..., n, n]

入力は少なくとも行列でなければなりません。

例えば:

# 'input' is [[[1, 0, 0, 0]
               [0, 2, 0, 0]
               [0, 0, 3, 0]
               [0, 0, 0, 4]],
              [[5, 0, 0, 0]
               [0, 6, 0, 0]
               [0, 0, 7, 0]
               [0, 0, 0, 8]]]

and input.shape = (2, 4, 4)

tf.matrix_diag_part(input) ==> [[1, 2, 3, 4], [5, 6, 7, 8]]

which has shape (2, 4)

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • 入力: k >= 2であるkテンソルのランク付け。

戻り値:

  • Output :抽出された対角(S)を有する形状diagonal.shape = input.shape[:-2] + [min(input.shape[-2:])]

コンストラクタとデストラクタ

MatrixDiagPart (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input)

公開属性

diagonal
operation

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

公開属性

対角線

::tensorflow::Output diagonal

操作

Operation operation

公開機能

MatrixDiagPart

 MatrixDiagPart(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const