このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: ParallelConcat

#include <array_ops.h>

最初の次元に沿ってNテンソルのリストを連結します。

概要

入力テンソルはすべて、最初の次元のサイズが1である必要があります。

例えば:

# 'x' is [[1, 4]]
# 'y' is [[2, 5]]
# 'z' is [[3, 6]]
parallel_concat([x, y, z]) => [[1, 4], [2, 5], [3, 6]]  # Pack along first dim.

concatとparallel_concatの違いは、concatは操作が始まる前にすべての入力を計算する必要があるが、グラフの構築中に入力形状が既知である必要がないことです。並列連結は、利用可能になると、入力の一部を出力にコピーします。状況によっては、これによりパフォーマンスが向上する場合があります。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • 値:連結されるテンソル。 すべての最初の次元のサイズが1で、形状が同じである必要があります。
  • 形状:結果の最終形状。入力の形状と同じである必要がありますが、最初の次元の入力値の数を含みます。

戻り値:

  • Output :連結されたテンソル。

コンストラクタとデストラクタ

ParallelConcat (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::InputList values, PartialTensorShape shape)

公開属性

operation
output

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

公開属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公開機能

ParallelConcat

 ParallelConcat(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::InputList values,
  PartialTensorShape shape
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const