このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: ReaderReadUpTo

#include <io_ops.h>

リーダーによって生成された最大num_records (キー、値)のペアを返します。

概要

必要に応じて入力キューからデキューします(たとえば、前のファイルで終了したため、リーダーが新しいファイルから読み取りを開始する必要がある場合)。最後のバッチの前でも、 num_records未満が返される場合があります。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • reader_handle: Readerへのハンドル。
  • queue_handle:文字列の作業項目を含むQueueへのハンドル。
  • num_records: Readerから読み取るレコードの数。

戻り値:

  • Outputキー:1-Dテンソル。
  • Output値:1-Dテンソル。

コンストラクタとデストラクタ

ReaderReadUpTo (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input reader_handle, :: tensorflow::Input queue_handle, :: tensorflow::Input num_records)

公開属性

keys
operation
values

公開属性

キー

::tensorflow::Output keys

操作

Operation operation

::tensorflow::Output values

公開機能

ReaderReadUpTo

 ReaderReadUpTo(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input reader_handle,
  ::tensorflow::Input queue_handle,
  ::tensorflow::Input num_records
)