このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: 再量子化

#include <math_ops.h>

量子化されたinputテンソルを低精度のoutput

概要

requested_output_minおよびrequested_output_max指定された出力範囲を使用して、量子化されたinputテンソルをより精度の低いoutputに変換requested_output_maxます。

[input_min, input_max]は、 inputデータのfloat解釈の範囲を指定するスカラーfloatです。たとえば、 input_minが-1.0fでinput_maxが1.0fであり、 quint16量子化データを扱っている場合、16ビットデータの0値は-1.0fとして解釈され、65535は1.0fを意味します。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • input_min:最小量子化入力値が表す浮動小数点値。
  • input_max:最大量子化入力値が表す浮動小数点値。
  • requested_output_min:最小の量子化出力値が表す浮動小数点値。
  • requested_output_max:最大量子化出力値が表す浮動小数点値。
  • out_type:出力のタイプ。 Tinputよりも低いビット深度である必要があります。

戻り値:

  • Output出力
  • Output output_min:requested_output_min値がこの出力にコピーされます。
  • Output output_max:requested_output_max値がこの出力にコピーされます。

コンストラクタとデストラクタ

Requantize (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, :: tensorflow::Input input_min, :: tensorflow::Input input_max, :: tensorflow::Input requested_output_min, :: tensorflow::Input requested_output_max, DataType out_type)

公開属性

operation
output
output_max
output_min

公開属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

output_max

::tensorflow::Output output_max

output_min

::tensorflow::Output output_min

公開機能

再量子化

 Requantize(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  ::tensorflow::Input input_min,
  ::tensorflow::Input input_max,
  ::tensorflow::Input requested_output_min,
  ::tensorflow::Input requested_output_max,
  DataType out_type
)