このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: RestoreV2

#include <io_ops.h>

V2チェックポイントからテンソルを復元します。

概要

V1形式との下位互換性のために、このOpでは現在、V1チェックポイントからの復元も許可されています。

  • このOpは、最初に「プレフィックス」が指すV2インデックスファイルを見つけようとします。見つかった場合は、V2チェックポイントとして読み取ります。
  • それ以外の場合、V1読み取りパスが呼び出されます。 V1の読み取りにフォールバックする機能は非推奨となり、最終的には削除される可能性があるため、この動作に依存することはお勧めできません。

デフォルトでは、名前付きテンソルを完全に復元します。呼び出し側が格納されたテンソルの特定のスライスを復元したい場合、「shape_and_slices」は空ではない文字列であり、それに応じて整形式でなければなりません。

呼び出し元は、すべての名前付きテンソルが実際にチェックポイントに格納されていることを確認する必要があります。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • 接頭辞:単一の要素が必要です。 V2チェックポイントの接頭辞。
  • tensor_names:形状{N}。復元するテンソルの名前。
  • shape_and_slices:形状{N}。復元するテンソルのスライス仕様。 空の文字列は、パーティション化されていないテンソルであることを示します。
  • dtypes:形状{N}。テンソルに期待されるdtypeのリスト。チェックポイントに格納されているものと一致する必要があります。

戻り値:

  • OutputList :形状{N}。復元されたテンソル。その形状はチェックポイントから直接読み取られます。

コンストラクタとデストラクタ

RestoreV2 (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input prefix, :: tensorflow::Input tensor_names, :: tensorflow::Input shape_and_slices, const DataTypeSlice & dtypes)

公開属性

operation
tensors

公開機能

operator[] (size_t index) const

公開属性

操作

Operation operation

テンソル

::tensorflow::OutputList tensors

公開機能

RestoreV2

 RestoreV2(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input prefix,
  ::tensorflow::Input tensor_names,
  ::tensorflow::Input shape_and_slices,
  const DataTypeSlice & dtypes
)

オペレーター[]

::tensorflow::Output operator[](
  size_t index
) const