このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: SoftmaxCrossEntropyWithLogits

#include <nn_ops.h>

逆伝播するソフトマックスクロスエントロピーコストと勾配を計算します。

概要

入力はロジットであり、確率ではありません。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • 機能:batch_size x num_classesマトリックス
  • labels:batch_size x num_classes matrix呼び出し元は、ラベルの各バッチが有効な確率分布を表すことを確認する必要があります。

戻り値:

  • Output損失:例ごとの損失(batch_sizeベクトル)。
  • Output backprop:バックプロパゲーションされたグラデーション(batch_size x num_classes行列)。

コンストラクタとデストラクタ

SoftmaxCrossEntropyWithLogits (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input features, :: tensorflow::Input labels)

公開属性

backprop
loss
operation

公開属性

バックプロップ

::tensorflow::Output backprop

損失

::tensorflow::Output loss

操作

Operation operation

公開機能

SoftmaxCrossEntropyWithLogits

 SoftmaxCrossEntropyWithLogits(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input features,
  ::tensorflow::Input labels
)