このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: SparseSegmentSum

#include <math_ops.h>

テンソルのスパースセグメントに沿って合計を計算します。

概要

セグメントの説明については、 セグメンテーションのセクションを参照してください。

SegmentSumと同様SegmentSumが、 segment_idsdataの最初の次元よりもランクが低く、 indicesで指定された次元0のサブセットを選択できindices

例えば:

c = tf.constant([[1,2,3,4], [-1,-2,-3,-4], [5,6,7,8]])

# Select two rows, one segment.
tf.sparse_segment_sum(c, tf.constant([0, 1]), tf.constant([0, 0]))
# => [[0 0 0 0]]

# Select two rows, two segment.
tf.sparse_segment_sum(c, tf.constant([0, 1]), tf.constant([0, 1]))
# => [[ 1  2  3  4]
#     [-1 -2 -3 -4]]

# Select all rows, two segments.
tf.sparse_segment_sum(c, tf.constant([0, 1, 2]), tf.constant([0, 0, 1]))
# => [[0 0 0 0]
#     [5 6 7 8]]

# Which is equivalent to:
tf.segment_sum(c, tf.constant([0, 0, 1]))

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • インデックス:1-Dテンソル。ランクは、 segment_idsと同じsegment_ids
  • segment_ids:1次元テンソル。値はソートする必要があり、繰り返すことができます。

戻り値:

  • Output :サイズkのセグメント0の次元0を除いて、データと同じ形状です。

コンストラクタとデストラクタ

SparseSegmentSum (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input data, :: tensorflow::Input indices, :: tensorflow::Input segment_ids)

公開属性

operation
output

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

公開属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公開機能

SparseSegmentSum

 SparseSegmentSum(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input data,
  ::tensorflow::Input indices,
  ::tensorflow::Input segment_ids
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const