このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: SparseSoftmax

#include <sparse_ops.h>

バッチ処理されたSparseTensorを適用します。

概要

入力は、論理形状[..., B, C]N >= 2 )、および正規の辞書式順序でソートされたインデックスを持つNDSparseTensorを表します。

この操作は、通常のtf.nn.softmax()を形状[B, C]最も内側の各論理部分行列に適用するのと同じですが、暗黙的にゼロの要素が関与しないというキャッチがあります。具体的には、アルゴリズムは次のものと同等です。

(1) tf.nn.softmax()を、サイズCの次元に沿った形状[B, C]の各最も内側の部分行列の高密度化されたビューに適用します。 (2)元の暗黙的にゼロの場所をマスクします。 (3)残りの要素を再正規化します。

したがって、 SparseTensor結果は、ゼロ以外のインデックスと形状がまったく同じになります。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • sp_indices:2-D。 NNZ x R空でない値のインデックスを正規の順序で使用したNNZxR行列。
  • sp_values:1-D。 NNZ対応するsp_indices空でない値。
  • sp_shape:1-D。入力SparseTensorの形状。

戻り値:

  • Output :1-D。結果のSparseTensorNNZ値。

コンストラクタとデストラクタ

SparseSoftmax (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input sp_indices, :: tensorflow::Input sp_values, :: tensorflow::Input sp_shape)

パブリック属性

operation
output

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公の行事

SparseSoftmax

 SparseSoftmax(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input sp_indices,
  ::tensorflow::Input sp_values,
  ::tensorflow::Input sp_shape
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const