このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: スパーススプリット

#include <sparse_ops.h>

SparseTensorを1つの次元に沿ってnum_splitテンソルに分割します。

概要

場合shape[split_dim]の整数倍ではないnum_split 。スライス[0 : shape[split_dim] % num_split]は、1つの余分な次元を取得します。たとえば、 split_dim = 1およびnum_split = 2で、入力が

input_tensor = shape = [2, 7]
[    a   d e  ]
[b c          ]
の場合

グラフでは、出力テンソルは次のとおりです。

output_tensor[0] = shape = [2, 4]
[    a  ]
[b c    ]

output_tensor[1] = shape = [2, 3]
[ d e  ]
[      ]

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • split_dim:0-D。分割する次元。 [0, rank(shape))の範囲でなければなりません。
  • インデックス:2次元テンソルは、スパーステンソルのインデックスを表します。
  • 値:1次元テンソルは、スパーステンソルの値を表します。
  • 形状:1-D。テンソルは、疎なテンソルの形状を表します。出力インデックス:1次元テンソルのリストは、出力スパーステンソルのインデックスを表します。
  • num_split:分割する方法の数。

戻り値:

  • OutputList output_indices
  • OutputList output_values:1次元テンソルのリストは、出力スパーステンソルの値を表します。
  • OutputList output_shape:1次元テンソルのリストは、出力スパーステンソルの形状を表します。

コンストラクタとデストラクタ

SparseSplit (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input split_dim, :: tensorflow::Input indices, :: tensorflow::Input values, :: tensorflow::Input shape, int64 num_split)

公開属性

operation
output_indices
output_shape
output_values

公開属性

操作

Operation operation

output_indices

::tensorflow::OutputList output_indices

output_shape

::tensorflow::OutputList output_shape

output_values

::tensorflow::OutputList output_values

公開機能

スパーススプリット

 SparseSplit(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input split_dim,
  ::tensorflow::Input indices,
  ::tensorflow::Input values,
  ::tensorflow::Input shape,
  int64 num_split
)