このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: StringToHashBucketFast

#include <string_ops.h>

入力テンソルの各文字列を、バケット数だけハッシュmodに変換します。

概要

ハッシュ関数は、プロセス内の文字列の内容に基づいて決定的であり、変更されることはありません。ただし、暗号化には適していません。この関数は、CPU時間が少なく、入力が信頼できるか重要でない場合に使用できます。攻撃者がすべて同じバケットにハッシュする入力を作成するリスクがあります。この問題を回避するには、 tf.string_to_hash_bucket_strong強力なハッシュ関数をtf.string_to_hash_bucket_strongます。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • input:ハッシュバケットを割り当てる文字列。
  • num_buckets:バケットの数。

戻り値:

コンストラクタとデストラクタ

StringToHashBucketFast (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, int64 num_buckets)

公開属性

operation
output

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

公開属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公開機能

StringToHashBucketFast

 StringToHashBucketFast(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  int64 num_buckets
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const