このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: UnicodeScript

#include <string_ops.h>

Unicode整数コードポイントの特定のテンソルのスクリプトコードを決定します。

概要

この操作は、Unicodeコードポイントを各コードポイントに対応するスクリプトコードに変換します。スクリプトコードは、International Components for Unicode(ICU)のUScriptCode値に対応しています。 http://icu-project.org/apiref/icu4c/uscript_8h.htmlを参照してください。無効なコードポイントの場合、-1(USCRIPT_INVALID_CODE)を返します。 出力形状は入力形状と一致します。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • input:int32 UnicodeコードポイントのTensor

戻り値:

  • Output :各入力コードポイントに対応するint32スクリプトコードのテンソル

コンストラクタとデストラクタ

UnicodeScript (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input)

公開属性

operation
output

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

公開属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公開機能

UnicodeScript

 UnicodeScript(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const