このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

EagerSession.Options

パブリック静的クラスEagerSession.Options

パブリックメソッド

EagerSession.Options
async (ブール値)
ディスパッチされた操作が実際に実行される方法を制御します。
EagerSession
ビルド ()
選択したオプションで熱心なセッションを構築します。
EagerSession.Options
config (byte []値)
シリアル化されたTensorFlow config protoである、提供されたバッファーにあるデータに基づいてセッションを構成します。
EagerSession.Options
devicePlacementPolicyEagerSession.DevicePlacementPolicy値)
特定のデバイスで操作を実行しようとしたが、一部の入力テンソルがそのデバイスにない場合の動作方法を制御します。
EagerSession.Options
resourceCleanupStrategyEagerSession.ResourceCleanupStrategy value)
TensorFlowリソースが不要になったときにクリーンアップする方法を制御します。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public EagerSession.Options async (ブール値)

ディスパッチされた操作が実際に実行される方法を制御します。

trueに設定すると、各操作は非同期で実行されます(その場合、一部の操作は「準備ができていない」出力を返す可能性があります)。 falseに設定すると、すべての操作が同期的に実行されます。

デフォルトでは同期実行が使用されます。

パラメーター
非同期実行の場合はtrue、同期実行の場合はfalse。

パブリックEagerSession ビルド ()

選択したオプションで熱心なセッションを構築します。

public EagerSession.Options config (byte [] value)

シリアル化されたTensorFlow config protoである、提供されたバッファーにあるデータに基づいてセッションを構成します。

警告:TensorFlowプロトは将来、パブリックエンドポイントでサポートされなくなる可能性があるため、この機能のサポートは変更される可能性があります。

パラメーター
シリアル化された構成プロトコル

public EagerSession.Options devicePlacementPolicy EagerSession.DevicePlacementPolicy value)

特定のデバイスで操作を実行しようとしたが、一部の入力テンソルがそのデバイスにない場合の動作方法を制御します。

デフォルトではSILENTが使用されます。

パラメーター
適用するポリシー
こちらもご覧ください

public EagerSession.Options resourceCleanupStrategy EagerSession.ResourceCleanupStrategy value)

TensorFlowリソースが不要になったときにクリーンアップする方法を制御します。

IN_BACKGROUNDがデフォルトで使用されます。

パラメーター
使用する戦略
こちらもご覧ください