Google I / Oの基調講演、製品セッション、ワークショップなどを見るプレイリストを見る

SIGプレイブック

SIGの範囲

TensorFlowは特定分野のコラボレーションを推進するためにスペシャルインタレストグループ (SIG) をホストしています。SIGは公共の場でコラボレーションを行います。 SIGに参加して貢献するには、グループの取り組みを確認し、SIGリーダーにご連絡ください。メンバーシップポリシーはSIGごとに異なります。

SIGの理想的な範囲は、明確に定義された分野におけるコラボレーションで、参加者の大半はコミュニティメンバーになります。さらに、スペシャルインタレストグループが設立された場合、積極的に関与して貢献するコミュニティメンバーがいるという十分な証拠が必要です。

すべてのSIGが同じレベルのエネルギー、範囲やガバナンスモデルを備えているわけではないため、多少異なります。

TensorFlow SIGの完全なリストを参照してください。

SIGが目指さないこと

SIGは、共有作業を行い、コラボレーションを促進することを目的としています。 SIGは以下を提供しません。

  • SIGはサポートフォーラムではありません。メーリングリストとSIGは同じものではありません。
  • SIGはすぐには必要とされません。プロジェクトの初期段階では、共同作業やコレボレーションが必要とされるかどうかわからない場合があります。
  • SIGは無償労働ではありません。協力作業を成長させ、調整するにはエネルギーが必要です。

SIGの設立に対する私たちのアプローチは保守的です。GitHubでプロジェクトを簡単に開始できるので、SIGがなくてもコラボレーションを実現できる多くの方法があります。

SIGライフサイクル

調査と協議

グループの提案者は、承認を受けるために以下の証拠を収集する必要があります。 以下の点を考慮してください。

  • グループが解決する明確に定義された問題または一連の問題。
  • 恩恵を受けるコミュニティメンバーとの相談。メリットとコミットする意欲の両方を評価する。
  • 既存のプロジェクトの場合、トピックについて参加者が関心をもっている問題とPRからの証拠。
  • グループが目指す目標。
  • グループを実行するためのリソース要件。

SIGの必要性が自明のように思われる場合でも、調査と協議はグループの成功にとって重要です。

新しいグループの作成

新しいグループを作成するには以下のプロセスに従う必要があります。特に、次のことを実証する必要があります。

  • 明確な目的とTensorFlow(サブプロジェクトまたはアプリケーション分野のいずれか)に対する利点
  • グループのリーダーとして行動する2人以上の参加者、他の参加者、およびグループが必要とされる証拠
  • 最初に必要とされるリソース(通常、メーリングリストと通常のVCコール)

グループの承認は、TFコミュニティチームが決定します。TFコミュニティチームは、tensorflow / communityプロジェクトのメンテナであると定義されています。チームは必要に応じて他の利害関係者と相談します。

正式なプロセスを始める前に、TensorFlowコミュニティチーム(community-team@tensorflow.org)と相談することをお勧めします。SIGリクエストの準備が整う前に、何回か話し合うことが必要になる可能性があります。

新しいグループの正式なリクエストは、チャーターをPRとしてtensorflow /コミュニティに送信し、そのリクエストをPRのコメントに含めます(下のテンプレートを参照)。承認されると、グループのPRがマージされ、必要なリソースが作成されます。

新しいSIGのテンプレートリクエスト

このテンプレートはコミュニティリポジトリ(SIG-request-template.md)からアクセスできます。

チャーター

各グループにはチャーターが与えられ、TensorFlowの行動規範に準拠する必要があります。グループのアーカイブは公開されます。メンバーシップは、承認なしで誰でも参加できる場合と、承認をリクエストし、グループ管理者の承認を得てから参加できる場合があります。

チャーターは管理者を指名する必要があります。グループには、管理者だけでなく、TensorFlowコミュニティチームとの調整に必要な連絡窓口となる担当者が少なくとも1人必要です。(管理者が兼任することも可能)

このチャーターは最初にグループのメーリングリストに投稿されます。TensorFlow GitHubのコミュニティリポジトリは、そのようなドキュメントとポリシーをアーカイブします(Kubernetesの例)。グループでは、慣行や慣習が進化するにつれて、コミュニティリポジトリの関連部分でこれらを文書化する必要があります。

コラボレーションとインクルージョン

必須ではありませんが、グループは、スケジュールされた電話会議またはチャットチャネルを介してコラボレーションし、会議を実施することができます。 このような会議はすべてメーリングリストで通知し、後でメモをメーリングリストに投稿する必要があります。 定期的な会議は、SIGの説明責任と進歩を促進するのに役立ちます。

TensorFlowコミュニティチームメンバーは、グループを積極的に監視し、必要に応じてディスカッションとアクションを促すようにします。

ローンチ

必要な活動:

  • TensorFlowの一般的なディスカッショングループ(discuss@, developers@)に通知する。
  • TensorFlowウェブサイトのコミュニティページにSIGを追加する。

オプションの活動:

  • TensorFlowブログコミュニティのブログ記事を作成する。

SIGの健全性と終了

TensorFlowコミュニティチームは、SIGの健全性を確保するために最善を尽くします。時々、SIGリーダーはSIGの作業のレポートを提供するように要求されます。これは、グループの活動をより広範なTensorFlowコミュニティに知らせるためです。

SIGに有用な目的または関心のあるコミュニティーがなくなった場合、SIGはアーカイブされ、SIGが停止される可能性があります。TFコミュニティチームは、プロジェクト全体の健全性を維持するために、このような非アクティブなSIGをアーカイブする権利を留保しますが、あまり好ましい結果ではありません。有用ではなくなったことを認識した場合、SIGは解散することもできます。