日付を保存! Google I / Oが5月18日から20日に戻ってきます今すぐ登録

コンバータのコマンドラインリファレンス

このページでは、TensorFlow 2.0 でコマンドラインから TensorFlow Lite コンバータ を使用する方法を説明します。 ただし、より好ましいのは Python API を使用する方法です。

概要の概要

TensorFlow Lite コンバータには基本的なモデルをサポートするコマンドラインツール tflite_convert がありますが、量子化やその他のパラメータ (SavedModel のシグネチャや Keras モデルのカスタムオブジェクトなど) を含む場合には、 TFLiteConverterPython API を使用してください。

使い方

以下のフラグで入力ファイルと出力ファイルを指定します。

  • --output_file 文字列型。 出力ファイルのパスを指定する。
  • --saved_model_dir 文字列型。 TensorFlow 1.x もしくは 2.0 で構築した SavedModel を含むディレクトリのパスを指定する。
  • --keras_model_file 文字列型。 TensorFlow 1.x もしくは 2.0 で構築した tf.keras モデルを含む HDF5ファイルのパスを指定する。

使用例は以下のとおりです。

tflite_convert \
  --saved_model_dir=/tmp/mobilenet_saved_model \
  --output_file=/tmp/mobilenet.tflite

追加の説明

ソースからビルドする

TensorFlow Lite Converter の最新バージョンを利用するには pip を使用してナイトリービルドをインストールする方法に加えて、TensorFlow リポジトリを clone して bazel を使う方法があります。

使用例は以下のとおりです。

bazel run //third_party/tensorflow/lite/python:tflite_convert -- \
  --saved_model_dir=/tmp/mobilenet_saved_model \
  --output_file=/tmp/mobilenet.tflite