このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: ArgMin

#include <math_ops.h>

テンソルの次元全体で最小値を持つインデックスを返します。

概要

tieの場合、戻り値のIDは保証されないことに注意してください。

使用法:

  import tensorflow as tf
  a = [1, 10, 26.9, 2.8, 166.32, 62.3]
  b = tf.math.argmin(input = a)
  c = tf.keras.backend.eval(b)
  # c = 0
  # here a[0] = 1 which is the smallest element of a across axis 0
  

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • ディメンション:int32またはint64。範囲は[-rank(input), rank(input))でなければなりません。入力テンソルのどの次元を削減するかを記述します。ベクトルの場合は、dimension = 0を使用します。

戻り値:

  • Output :出力テンソル。

コンストラクタとデストラクタ

ArgMin (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, :: tensorflow::Input dimension)
ArgMin (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, :: tensorflow::Input dimension, const ArgMin::Attrs & attrs)

公開属性

operation
output

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

OutputType (DataType x)

構造

tensorflow :: ops :: ArgMin :: Attrs

ArgMinのオプションの属性セッター。

公開属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公開機能

ArgMin

 ArgMin(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  ::tensorflow::Input dimension
)

ArgMin

 ArgMin(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  ::tensorflow::Input dimension,
  const ArgMin::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

出力タイプ

Attrs OutputType(
  DataType x
)