このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: 割当

#include <state_ops.h>

「値」を割り当てることで「ref」を更新します。

概要

この操作は、割り当てが完了した後に「ref」を出力します。これにより、リセット値を使用する必要がある操作を簡単に連鎖させることができます。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • ref: Variableノードからのものである必要があります。初期化されていない可能性があります。
  • value:変数に割り当てられる値。

オプションの属性( Attrs参照):

  • validate_shape:trueの場合、操作は「値」の形状が割り当てられているテンソルの形状と一致することを検証します。 falseの場合、「ref」は「value」の形になります。
  • use_locking:Trueの場合、割り当てはロックによって保護されます。そうでない場合、動作は未定義ですが、競合が少なくなる可能性があります。

戻り値:

  • Output :=「ref」と同じ。変数がリセットされた後に新しい値を使用する操作の便宜として返されます。

コンストラクタとデストラクタ

Assign (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input ref, :: tensorflow::Input value)
Assign (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input ref, :: tensorflow::Input value, const Assign::Attrs & attrs)

公開属性

operation
output_ref

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

UseLocking (bool x)
ValidateShape (bool x)

構造

tensorflow :: ops :: Assign :: Attrs

Assignのオプションの属性セッター。

公開属性

操作

Operation operation

output_ref

::tensorflow::Output output_ref

公開機能

割当

 Assign(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input ref,
  ::tensorflow::Input value
)

割当

 Assign(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input ref,
  ::tensorflow::Input value,
  const Assign::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

UseLocking

Attrs UseLocking(
  bool x
)

ValidateShape

Attrs ValidateShape(
  bool x
)