このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: ComputeAccidentalHits

#include <candidate_sampling_ops.h>

true_labelsに一致するsampled_candidatesの位置のIDを計算します。

概要

log-odds NCEを実行する場合、この操作の結果はSparseToDense操作を通過してから、サンプリングされた候補のロジットに追加される必要があります。これには、分類器にサンプルラベルであることを確認させることにより、実際のラベルに一致するサンプルラベルを「削除」する効果があります。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • true_classes:UnpackSparseLabelsのtrue_classes出力。
  • sampled_candidates:CandidateSamplerのsampled_candidates出力。
  • num_true:コンテキストごとの真のラベルの数。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • seed:seedまたはseed2のいずれかがゼロ以外に設定されている場合、乱数ジェネレーターは指定されたシードによってシードされます。それ以外の場合は、ランダムシードによってシードされます。
  • seed2:シードの衝突を回避するための2番目のシード。

戻り値:

  • Outputインデックス:true_candidatesの行に対応するインデックスのベクトル。
  • Output ID:行のtrue_labelとインデックスの対応するインデックスに一致するsampled_candidatesの位置のIDのベクトル。
  • Output重み:インデックスおよびIDと同じ長さのベクトルで、各要素は-FLOAT_MAXです。

コンストラクタとデストラクタ

ComputeAccidentalHits (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input true_classes, :: tensorflow::Input sampled_candidates, int64 num_true)
ComputeAccidentalHits (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input true_classes, :: tensorflow::Input sampled_candidates, int64 num_true, const ComputeAccidentalHits::Attrs & attrs)

パブリック属性

ids
indices
operation
weights

パブリック静的関数

Seed (int64 x)
Seed2 (int64 x)

構造体

tensorflow :: ops :: ComputeAccidentalHits :: Attrs

ComputeAccidentalHitsのオプションの属性セッター。

パブリック属性

ID

::tensorflow::Output ids

インデックス

::tensorflow::Output indices

操作

Operation operation

重み

::tensorflow::Output weights

公の行事

ComputeAccidentalHits

 ComputeAccidentalHits(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input true_classes,
  ::tensorflow::Input sampled_candidates,
  int64 num_true
)

ComputeAccidentalHits

 ComputeAccidentalHits(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input true_classes,
  ::tensorflow::Input sampled_candidates,
  int64 num_true,
  const ComputeAccidentalHits::Attrs & attrs
)

パブリック静的関数

シード

Attrs Seed(
  int64 x
)

Seed2

Attrs Seed2(
  int64 x
)