このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: Conv2DBackpropInput

#include <nn_ops.h>

入力に関する畳み込みの勾配を計算します。

概要

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • input_sizes: inputの形状を表す整数ベクトル。ここで、 inputは4次元[batch, height, width, channels]テンソルです。
  • フィルター:4次元形状[filter_height, filter_width, in_channels, out_channels]
  • out_backprop:4-D形状[batch, out_height, out_width, out_channels] 。勾配は、畳み込みの出力に関連しています。
  • ストライド:畳み込みの入力の各次元のスライディングウィンドウのストライド。 formatで指定された次元と同じ順序である必要があります。
  • padding:使用するパディングアルゴリズムのタイプ。

オプションの属性( Attrs参照):

  • explicit_paddings: padding"EXPLICIT"場合、明示的なパディング量のリスト。 i番目の次元の場合、次元の前後に挿入されるパディングの量は、それぞれexplicit_paddings[2 * i]およびexplicit_paddings[2 * i + 1]です。 padding"EXPLICIT"でない場合、 explicit_paddingsは空でなければなりません。
  • data_format:入出力データのデータ形式を指定します。デフォルトの形式「NHWC」では、データは[batch、in_height、in_width、in_channels]の順序で保存されます。または、形式は「NCHW」、データストレージの順序:[batch、in_channels、in_height、in_width]。
  • 膨張:長さ4の1次元テンソル。 input各次元の膨張係数。 k> 1に設定すると、その次元の各フィルター要素間にk-1個のスキップされたセルがあります。ディメンションの順序はdata_formatの値によって決定されます。詳細については、上記を参照してください。バッチディメンションと深度ディメンションの膨張は1でなければなりません。

戻り値:

  • Output :形状付きの4次元[batch, in_height, in_width, in_channels] 。畳み込みの入力に対する勾配。

コンストラクタとデストラクタ

Conv2DBackpropInput (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input_sizes, :: tensorflow::Input filter, :: tensorflow::Input out_backprop, const gtl::ArraySlice< int > & strides, StringPiece padding)
Conv2DBackpropInput (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input_sizes, :: tensorflow::Input filter, :: tensorflow::Input out_backprop, const gtl::ArraySlice< int > & strides, StringPiece padding, const Conv2DBackpropInput::Attrs & attrs)

公開属性

operation
output

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

DataFormat (StringPiece x)
Dilations (const gtl::ArraySlice< int > & x)
ExplicitPaddings (const gtl::ArraySlice< int > & x)
UseCudnnOnGpu (bool x)

構造

tensorflow :: ops :: Conv2DBackpropInput :: Attrs

Conv2DBackpropInputのオプションの属性セッター。

公開属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公開機能

Conv2DBackpropInput

 Conv2DBackpropInput(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input_sizes,
  ::tensorflow::Input filter,
  ::tensorflow::Input out_backprop,
  const gtl::ArraySlice< int > & strides,
  StringPiece padding
)

Conv2DBackpropInput

 Conv2DBackpropInput(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input_sizes,
  ::tensorflow::Input filter,
  ::tensorflow::Input out_backprop,
  const gtl::ArraySlice< int > & strides,
  StringPiece padding,
  const Conv2DBackpropInput::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

DataFormat

Attrs DataFormat(
  StringPiece x
)

膨張

Attrs Dilations(
  const gtl::ArraySlice< int > & x
)

ExplicitPaddings

Attrs ExplicitPaddings(
  const gtl::ArraySlice< int > & x
)

UseCudnnOnGpu

Attrs UseCudnnOnGpu(
  bool x
)