このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: DataFormatDimMap

#include <nn_ops.h>

指定された宛先データ形式で次元インデックスを返します。

概要

ソースデータフォーマット。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • x:各要素をソースデータ形式の次元インデックスとして持つTensor 。 [-4、4)の範囲でなければなりません。

オプションの属性( Attrs参照):

  • src_format:ソースデータ形式。
  • dst_format:宛先データ形式。

戻り値:

  • Output :宛先データ形式のディメンションインデックスとして各要素を持つTensor

コンストラクタとデストラクタ

DataFormatDimMap (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input x)
DataFormatDimMap (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input x, const DataFormatDimMap::Attrs & attrs)

公開属性

operation
y

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

DstFormat (StringPiece x)
SrcFormat (StringPiece x)

構造

tensorflow :: ops :: DataFormatDimMap :: Attrs

DataFormatDimMapのオプションの属性セッター。

公開属性

操作

Operation operation

y

::tensorflow::Output y

公開機能

DataFormatDimMap

 DataFormatDimMap(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input x
)

DataFormatDimMap

 DataFormatDimMap(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input x,
  const DataFormatDimMap::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

DstFormat

Attrs DstFormat(
  StringPiece x
)

SrcFormat

Attrs SrcFormat(
  StringPiece x
)