このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: FakeQuantWithMinMaxArgs

#include <array_ops.h>

偽-'入力'テンソルを量子化し、floatを同じタイプの '出力'テンソルに入力します。

概要

属性[min; max] inputsデータのクランプ範囲を定義します。 inputs値は量子化範囲に量子化され( narrow_rangeがfalseの場合は[0; 2^num_bits - 1]narrow_range場合は[1; 2^num_bits - 1] )、量子化[1; 2^num_bits - 1]れて[min; max]間隔。 num_bitsは量子化のビット幅です。 2から16まで。

量子化の前に、 min値とmax値は次のロジックで調整されます。 min <= 0 <= maxすることをお勧めします。 0が値の範囲内にない場合、予期しない動作が発生する可能性があります0 < min < max場合: min_adj = 0およびmax_adj = max - minmin < max < 0場合: min_adj = min - maxおよびmax_adj = 0min <= 0 <= maxscale = (max - min) / (2^num_bits - 1)min_adj = scale * round(min / scale)およびmax_adj = max + min_adj - min

出力がまだ浮動小数点にあるため、量子化は偽物と呼ばれます。

引数:

戻り値:

  • Output :出力テンソル。

コンストラクタとデストラクタ

FakeQuantWithMinMaxArgs (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input inputs)
FakeQuantWithMinMaxArgs (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input inputs, const FakeQuantWithMinMaxArgs::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation
outputs

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

Max (float x)
Min (float x)
NarrowRange (bool x)
NumBits (int64 x)

構造体

tensorflow :: ops :: FakeQuantWithMinMaxArgs :: Attrs

FakeQuantWithMinMaxArgsのオプションの属性セッター。

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output outputs

公の行事

FakeQuantWithMinMaxArgs

 FakeQuantWithMinMaxArgs(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input inputs
)

FakeQuantWithMinMaxArgs

 FakeQuantWithMinMaxArgs(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input inputs,
  const FakeQuantWithMinMaxArgs::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

マックス

Attrs Max(
  float x
)

最小

Attrs Min(
  float x
)

狭い範囲

Attrs NarrowRange(
  bool x
)

NumBits

Attrs NumBits(
  int64 x
)