このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: LRN

#include <nn_ops.h>

ローカル応答の正規化。

概要

4次元inputテンソルは、(最後の次元に沿った)1次元ベクトルの3次元配列として扱われ、各ベクトルは独立して正規化されます。指定されたベクトル内で、各コンポーネントはdepth_radius内の入力の重み付き二乗和でdepth_radiusます。詳しくは、

sqr_sum[a, b, c, d] =
    sum(input[a, b, c, d - depth_radius : d + depth_radius + 1] ** 2)
output = input / (bias + alpha * sqr_sum) ** beta

詳細については、 Krizhevsky et al。、ImageNet分類による深い畳み込みニューラルネットワーク(NIPS 2012)を参照してください

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • 入力:4次元。

オプションの属性( Attrs参照):

  • depth_radius:0-D。 1次元正規化ウィンドウの半値幅。
  • バイアス:オフセット(通常、0による除算を避けるために正)。
  • alpha:通常は正の倍率。
  • ベータ:指数。

戻り値:

  • Output :出力テンソル。

コンストラクタとデストラクタ

LRN (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input)
LRN (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, const LRN::Attrs & attrs)

公開属性

operation
output

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

Alpha (float x)
Beta (float x)
Bias (float x)
DepthRadius (int64 x)

構造

tensorflow :: ops :: LRN :: Attrs

LRNのオプションの属性セッター。

公開属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公開機能

LRN

 LRN(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input
)

LRN

 LRN(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  const LRN::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

アルファ

Attrs Alpha(
  float x
)

ベータ

Attrs Beta(
  float x
)

バイアス

Attrs Bias(
  float x
)

深さ半径

Attrs DepthRadius(
  int64 x
)