このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: MergeV2Checkpoints

#include <io_ops.h>

V2形式固有:分割されたチェックポイントのメタデータファイルをマージします。

概要

結果は1つの論理チェックポイントで、1つの物理メタデータファイルと名前が変更されたデータファイルがあります。

分割されたチェックポイント設定で複数のチェックポイントを「グループ化」することを目的としています。

delete_old_dirsがtrueの場合、入力checkpoint_prefixesの各パスのdirnameを再帰的に削除しようとします。これは、それらのパスがユーザーに向けられていない一時的な場所である場合に役立ちます。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • checkpoint_prefixes:マージするV2チェックポイントのプレフィックス。
  • destination_prefix:スカラー。希望する最終的なプレフィックス。 checkpoint_prefixesの1つと同じにすることができます。

オプションの属性( Attrs参照):

  • delete_old_dirs:上記を参照してください。

戻り値:

コンストラクタとデストラクタ

MergeV2Checkpoints (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input checkpoint_prefixes, :: tensorflow::Input destination_prefix)
MergeV2Checkpoints (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input checkpoint_prefixes, :: tensorflow::Input destination_prefix, const MergeV2Checkpoints::Attrs & attrs)

公開属性

operation

公開機能

operator::tensorflow::Operation () const

パブリック静的関数

DeleteOldDirs (bool x)

構造

tensorflow :: ops :: MergeV2Checkpoints :: Attrs

MergeV2Checkpointsのオプションの属性セッター。

公開属性

操作

Operation operation

公開機能

MergeV2Checkpoints

 MergeV2Checkpoints(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input checkpoint_prefixes,
  ::tensorflow::Input destination_prefix
)

MergeV2Checkpoints

 MergeV2Checkpoints(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input checkpoint_prefixes,
  ::tensorflow::Input destination_prefix,
  const MergeV2Checkpoints::Attrs & attrs
)

operator :: tensorflow :: Operation

 operator::tensorflow::Operation() const 

パブリック静的関数

DeleteOldDirs

Attrs DeleteOldDirs(
  bool x
)