このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: プレースホルダー

#include <array_ops.h>

計算に供給される値のプレースホルダーop。

概要

注意この操作を実行すると、エラーが発生して失敗します。これは、常にフィードされる値を表す方法、およびフィードされた値を実行時にチェックできるようにする属性を提供する方法として意図されています。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • dtype:テンソルの要素のタイプ。

オプションの属性( Attrs参照):

  • shape:(オプション)テンソルの形状。形状の寸法が0の場合、形状は拘束されません。

戻り値:

  • Output :フィードメカニズムを使用して置き換える必要があるプレースホルダーテンソル。

コンストラクタとデストラクタ

Placeholder (const :: tensorflow::Scope & scope, DataType dtype)
Placeholder (const :: tensorflow::Scope & scope, DataType dtype, const Placeholder::Attrs & attrs)

公開属性

operation
output

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

Shape (PartialTensorShape x)

構造

tensorflow :: ops :: Placeholder :: Attrs

Placeholderのオプションの属性セッター。

公開属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公開機能

プレースホルダー

 Placeholder(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  DataType dtype
)

プレースホルダー

 Placeholder(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  DataType dtype,
  const Placeholder::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

形状

Attrs Shape(
  PartialTensorShape x
)