このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: PreventGradient

#include <array_ops.h>

勾配が要求された場合にエラーをトリガーする識別演算。

概要

グラフで実行すると、このopは入力テンソルをそのまま出力します。

勾配を計算する演算を構築する場合、この関数の勾配を登録する必要がないため、この演算の勾配をルックアップしようとすると、TensorFlow勾配システムはエラーを返します。このopは、微妙なバグが、実装されていないグラデーションをコーナーケースで静かに返すのを防ぐために存在します。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • 入力:任意のテンソル。

オプションの属性( Attrs参照):

  • メッセージ:誰かがこの操作を区別しようとすると、エラーで出力されます。

戻り値:

  • Output :同じ入力テンソル。

コンストラクタとデストラクタ

PreventGradient (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input)
PreventGradient (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, const PreventGradient::Attrs & attrs)

公開属性

operation
output

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

Message (StringPiece x)

構造

tensorflow :: ops :: PreventGradient :: Attrs

PreventGradientのオプションの属性セッター。

公開属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公開機能

PreventGradient

 PreventGradient(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input
)

PreventGradient

 PreventGradient(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  const PreventGradient::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

メッセージ

Attrs Message(
  StringPiece x
)