このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: QueueDequeueUpTo

#include <data_flow_ops.h>

指定されたキューから1つ以上のテンソルのnタプルをデキューします。

概要

この操作は、すべてのキューでサポートされているわけではありません。キューがDequeueUpToをサポートしていない場合、未実装エラーが返されます。

キューが閉じており、0を超えてn未満の要素が残っている場合、QueueDequeueManyのようなOutOfRangeエラーを返す代わりに、 n未満の要素がすぐに返されます。キューが閉じられ、キューに要素が残っていない場合、 QueueDequeueManyと同様にOutOfRangeエラーが返されます 。それ以外の場合の動作はQueueDequeueManyと同じです。

この演算は、キュー要素のコンポーネントテンソルを0次元に沿って連結して、単一のコンポーネントテンソルを作成します。デキューされたタプルのすべてのコンポーネントは、0番目の次元でサイズnになります。

この操作にはk出力があり、 kは指定されたキューに格納されているタプルのコンポーネントの数、出力iはデキューされたタプルのi番目のコンポーネントです。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • handle:キューへのハンドル。
  • n:デキューするタプルの数。
  • component_types:タプル内の各コンポーネントのタイプ。

オプションの属性( Attrs参照):

  • timeout_ms:キューの要素数がn未満の場合、この操作は最大timeout_msミリ秒の間ブロックされます。注:このオプションはまだサポートされていません。

戻り値:

  • OutputList :タプルとしてデキューされた1つ以上のテンソル。

コンストラクタとデストラクタ

QueueDequeueUpTo (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input handle, :: tensorflow::Input n, const DataTypeSlice & component_types)
QueueDequeueUpTo (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input handle, :: tensorflow::Input n, const DataTypeSlice & component_types, const QueueDequeueUpTo::Attrs & attrs)

公開属性

components
operation

公開機能

operator[] (size_t index) const

パブリック静的関数

TimeoutMs (int64 x)

構造

tensorflow :: ops :: QueueDequeueUpTo :: Attrs

QueueDequeueUpToのオプションの属性セッター。

公開属性

コンポーネント

::tensorflow::OutputList components

操作

Operation operation

公開機能

QueueDequeueUpTo

 QueueDequeueUpTo(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input handle,
  ::tensorflow::Input n,
  const DataTypeSlice & component_types
)

QueueDequeueUpTo

 QueueDequeueUpTo(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input handle,
  ::tensorflow::Input n,
  const DataTypeSlice & component_types,
  const QueueDequeueUpTo::Attrs & attrs
)

オペレーター[]

::tensorflow::Output operator[](
  size_t index
) const 

パブリック静的関数

TimeoutMs

Attrs TimeoutMs(
  int64 x
)