このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: ランダムガンマ

#include <random_ops.h>

alphaで記述されたガンマ分布からランダムな値を出力します。

概要

この操作では、Marsagliaらによるアルゴリズムを使用します。一様および通常の確率変数のペアから変換-拒否を介してサンプルを取得します。 http://dl.acm.org/citation.cfm?id=358414を参照してください

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • 形状:1次元整数テンソル。アルファで与えられた形状パラメーターによって記述された各分布から描画する独立したサンプルの形状。
  • alpha:各スカラーが関連するガンマ分布を記述する「形状」パラメーターであるテンソル。

オプションの属性( Attrs参照):

  • 種子:いずれかの場合seed又はseed2非ゼロに設定されている、乱数発生器は、所与の種によって播種されます。それ以外の場合は、ランダムシードによってシードされます。
  • seed2:シードの衝突を回避するための2番目のシード。

戻り値:

  • Output :shape shape + shape(alpha)テンソル。各スライス[:, ..., :, i0, i1, ...iN]は、 alpha[i0, i1, ...iN]に対して描画されたサンプルが含まれています。出力のdtypeはalphaのdtypeと一致します。

コンストラクタとデストラクタ

RandomGamma (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input shape, :: tensorflow::Input alpha)
RandomGamma (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input shape, :: tensorflow::Input alpha, const RandomGamma::Attrs & attrs)

公開属性

operation
output

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

Seed (int64 x)
Seed2 (int64 x)

構造

tensorflow :: ops :: RandomGamma :: Attrs

RandomGammaのオプションの属性セッター。

公開属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公開機能

ランダムガンマ

 RandomGamma(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input shape,
  ::tensorflow::Input alpha
)

ランダムガンマ

 RandomGamma(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input shape,
  ::tensorflow::Input alpha,
  const RandomGamma::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

シード

Attrs Seed(
  int64 x
)

シード2

Attrs Seed2(
  int64 x
)