このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: ランダムシャッフル

#include <random_ops.h>

最初の次元に沿ってテンソルをランダムにシャッフルします。

概要

テンソルは次元0に沿ってシャッフルされ、各value[j]は1つだけのoutput[i]マッピングされます。たとえば、3x2テンソルで発生する可能性があるマッピングは次のとおりです。

[[1, 2],       [[5, 6],
 [3, 4],  ==>   [1, 2],
 [5, 6]]        [3, 4]]

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • 値:シャッフルするテンソル。

オプションの属性( Attrs参照):

  • 種子:いずれかの場合seed又はseed2非ゼロに設定されている、乱数発生器は、所与の種によって播種されます。それ以外の場合は、ランダムシードによってシードされます。
  • seed2:シードの衝突を回避するための2番目のシード。

戻り値:

  • Output :最初の次元に沿ってシャッフルされた、 valueと同じ形状とタイプのテンソル。

コンストラクタとデストラクタ

RandomShuffle (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input value)
RandomShuffle (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input value, const RandomShuffle::Attrs & attrs)

公開属性

operation
output

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

Seed (int64 x)
Seed2 (int64 x)

構造

tensorflow :: ops :: RandomShuffle :: Attrs

RandomShuffleのオプションの属性セッター。

公開属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公開機能

ランダムシャッフル

 RandomShuffle(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input value
)

ランダムシャッフル

 RandomShuffle(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input value,
  const RandomShuffle::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

シード

Attrs Seed(
  int64 x
)

シード2

Attrs Seed2(
  int64 x
)