このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: ResizeArea

#include <image_ops.h>

領域補間を使用して、 images sizeを変更しimages

概要

入力画像はさまざまなタイプにすることができますが、出力画像は常に浮動です。

数値の精度に制限があるため、出力画像のピクセル値の範囲は、入力画像の範囲とわずかに異なる場合があります。 [0.0, 1.0] tf.clip_by_value [0.0, 1.0]などの出力範囲を保証するには、 tf.clip_by_valueを出力に適用します。

各出力ピクセルは、最初にピクセルのフットプリントを入力テンソルに変換し、次にフットプリントと交差するピクセルを平均化することによって計算されます。入力ピクセルの平均への寄与は、フットプリントと交差する面積の割合によって重み付けされます。これはOpenCVのINTER_AREAと同じです。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • 画像:形状付き4D [batch, height, width, channels]
  • サイズ:= 2要素の1-D int32 Tensornew_height, new_width 。画像の新しいサイズ。

オプションの属性( Attrs参照):

  • align_corners:trueの場合、入力および出力テンソルの4つのコーナーピクセルの中心が揃えられ、コーナーピクセルの値が保持されます。デフォルトはfalseです。

戻り値:

  • Output :形状付きの4次元[batch, new_height, new_width, channels]

コンストラクタとデストラクタ

ResizeArea (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input images, :: tensorflow::Input size)
ResizeArea (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input images, :: tensorflow::Input size, const ResizeArea::Attrs & attrs)

公開属性

operation
resized_images

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

AlignCorners (bool x)

構造

tensorflow :: ops :: ResizeArea :: Attrs

ResizeAreaのオプションの属性セッター。

公開属性

操作

Operation operation

resized_images

::tensorflow::Output resized_images

公開機能

ResizeArea

 ResizeArea(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input images,
  ::tensorflow::Input size
)

ResizeArea

 ResizeArea(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input images,
  ::tensorflow::Input size,
  const ResizeArea::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

AlignCorners

Attrs AlignCorners(
  bool x
)