このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: サイズ変更

#include <image_ops.h>

双線形補間を使用してimages sizeを変更しimages

概要

入力画像はさまざまなタイプにすることができますが、出力画像は常に浮動です。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • 画像:形状付き4D [batch, height, width, channels]
  • サイズ:= 2要素の1-D int32 Tensornew_height, new_width 。画像の新しいサイズ。

オプションの属性( Attrs参照):

  • align_corners:trueの場合、入力および出力テンソルの4つのコーナーピクセルの中心が揃えられ、コーナーピクセルの値が保持されます。デフォルトはfalseです。

戻り値:

  • Output :形状[batch, new_height, new_width, channels] 4次元。

コンストラクタとデストラクタ

ResizeBilinear (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input images, :: tensorflow::Input size)
ResizeBilinear (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input images, :: tensorflow::Input size, const ResizeBilinear::Attrs & attrs)

公開属性

operation
resized_images

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

AlignCorners (bool x)
HalfPixelCenters (bool x)

構造

tensorflow :: ops :: ResizeBilinear :: Attrs

ResizeBilinearのオプションの属性セッター。

公開属性

操作

Operation operation

resized_images

::tensorflow::Output resized_images

公開機能

サイズ変更

 ResizeBilinear(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input images,
  ::tensorflow::Input size
)

サイズ変更

 ResizeBilinear(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input images,
  ::tensorflow::Input size,
  const ResizeBilinear::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

AlignCorners

Attrs AlignCorners(
  bool x
)

HalfPixelCenters

Attrs HalfPixelCenters(
  bool x
)