このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: ResourceSparseApplyAdagrad

#include <training_ops.h>

adagradスキームに従って、「* var」および「* accum」の関連エントリを更新します。

概要

これは、gradの対象となる行の場合、varとaccumを次のように更新します。accum + = grad * grad var-= lr * grad *(1 / sqrt(accum))

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • var:Variable()からのものである必要があります。
  • accum:Variable()からのものである必要があります。
  • lr:学習率。スカラーでなければなりません。
  • grad:グラデーション。
  • インデックス:varとaccumの最初の次元へのインデックスのベクトル。

オプションの属性( Attrs参照):

  • use_locking: True場合、varおよびaccumテンソルの更新はロックによって保護されます。そうでない場合、動作は未定義ですが、競合が少なくなる可能性があります。

戻り値:

コンストラクタとデストラクタ

ResourceSparseApplyAdagrad (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input var, :: tensorflow::Input accum, :: tensorflow::Input lr, :: tensorflow::Input grad, :: tensorflow::Input indices)
ResourceSparseApplyAdagrad (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input var, :: tensorflow::Input accum, :: tensorflow::Input lr, :: tensorflow::Input grad, :: tensorflow::Input indices, const ResourceSparseApplyAdagrad::Attrs & attrs)

公開属性

operation

公開機能

operator::tensorflow::Operation () const

パブリック静的関数

UpdateSlots (bool x)
UseLocking (bool x)

構造

tensorflow :: ops :: ResourceSparseApplyAdagrad :: Attrs

ResourceSparseApplyAdagradのオプションの属性セッター。

公開属性

操作

Operation operation

公開機能

ResourceSparseApplyAdagrad

 ResourceSparseApplyAdagrad(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input var,
  ::tensorflow::Input accum,
  ::tensorflow::Input lr,
  ::tensorflow::Input grad,
  ::tensorflow::Input indices
)

ResourceSparseApplyAdagrad

 ResourceSparseApplyAdagrad(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input var,
  ::tensorflow::Input accum,
  ::tensorflow::Input lr,
  ::tensorflow::Input grad,
  ::tensorflow::Input indices,
  const ResourceSparseApplyAdagrad::Attrs & attrs
)

operator :: tensorflow :: Operation

 operator::tensorflow::Operation() const 

パブリック静的関数

UpdateSlots

Attrs UpdateSlots(
  bool x
)

UseLocking

Attrs UseLocking(
  bool x
)