このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: SetDiff1D

#include <array_ops.h>

数値または文字列の2つのリストの差を計算します。

概要

リストxとリストy 、この操作は、 xyはないすべての値を表すリストoutを返します。返されたリストのout番号がに現れるのと同じ順序でソートされたx (重複は保持されます)。この操作は、 x内の各out要素の位置を表すリストidxも返します。言い換えると:

out[i] = x[idx[i]] for i in [0, 1, ..., len(out) - 1]

たとえば、次の入力があるとします。

x = [1, 2, 3, 4, 5, 6]
y = [1, 3, 5]

この操作は次を返します:

out ==> [2, 4, 6]
idx ==> [1, 3, 5]

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • x:1-D。保持する値。
  • y:1-D。削除する値。

戻り値:

  • Output :1-D。 x存在するがyは存在しない値。
  • Output idx:1-D。 out保持さout x値の位置。

コンストラクタとデストラクタ

SetDiff1D (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input x, :: tensorflow::Input y)
SetDiff1D (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input x, :: tensorflow::Input y, const SetDiff1D::Attrs & attrs)

公開属性

idx
operation
out

パブリック静的関数

OutIdx (DataType x)

構造

tensorflow :: ops :: SetDiff1D :: Attrs

SetDiff1Dのオプションの属性セッター。

公開属性

idx

::tensorflow::Output idx

操作

Operation operation

でる

::tensorflow::Output out

公開機能

SetDiff1D

 SetDiff1D(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input x,
  ::tensorflow::Input y
)

SetDiff1D

 SetDiff1D(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input x,
  ::tensorflow::Input y,
  const SetDiff1D::Attrs & attrs
)

パブリック静的関数

OutIdx

Attrs OutIdx(
  DataType x
)