このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: スタック

#include <array_ops.h>

NランクRテンソルのリストを1つのランク- (R+1)テンソルにパックします。

概要

valuesNテンソルを、 axis次元に沿ってパックすることにより、 values各テンソルより1つ高いランクのテンソルにパックします。形状のテンソル(A, B, C)リストが与えられます。

axis == 0場合、 outputテンソルの形状は(N, A, B, C)ます。 axis == 1場合、 outputテンソルの形状は(A, N, B, C)ます。等。

例えば:

# 'x' is [1, 4]
# 'y' is [2, 5]
# 'z' is [3, 6]
pack([x, y, z]) => [[1, 4], [2, 5], [3, 6]]  # Pack along first dim.
pack([x, y, z], axis=1) => [[1, 2, 3], [4, 5, 6]]

これはunpackの逆です。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • 値:同じ形状とタイプでなければなりません。

オプションの属性( Attrs参照):

  • axis:パックする次元。負の値は折り返されるため、有効な範囲は[-(R+1), R+1)です。

戻り値:

  • Output :パックされたテンソル。

コンストラクタとデストラクタ

Stack (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::InputList values)
Stack (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::InputList values, const Stack::Attrs & attrs)

公開属性

operation
output

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

Axis (int64 x)

構造

tensorflow :: ops :: Stack :: Attrs

Stackのオプションの属性セッター。

公開属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公開機能

スタック

 Stack(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::InputList values
)

スタック

 Stack(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::InputList values,
  const Stack::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

Attrs Axis(
  int64 x
)