このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: StringSplit

#include <string_ops.h>

delimiterに基づいてinput要素をSparseTensorます。

概要

Nをソースのサイズとします(通常、Nはバッチサイズです)。 delimiter基づいてinput各要素を分割し、分割さdelimiterトークンを含むSparseTensorを返します。 空のトークンは無視されます。

delimiterは空にすることも、分割文字列にすることもできます。 delimiterが空の文字列の場合、 input各要素は、UTF-8マルチバイトシーケンスの分割を含む、個別の1バイト文字列に分割されます。そうしないと、 delimiterすべてのdelimiterが潜在的な分割点になります。

例:N = 2、input [0]は「hello world」、input [1]は「ab c」の場合、出力は次のようになります。

インデックス= [0、0; 0、1; 1、0; 1、1; 1、2]形状= [2、3]値= ['hello'、 'world'、 'a'、 'b'、 'c']

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • 入力:1-D。分割する文字列。
  • 区切り文字:0-D。区切り文字(バイト)、または空の文字列。

オプションの属性( Attrs参照):

  • skip_empty: boolTrue場合、結果から空の文字列をスキップします。

戻り値:

  • Outputインデックス:スパーステンソルのインデックスを表すint64の密行列。
  • Output値:分割された値に対応する文字列のベクトル。
  • Output形状:スパーステンソルの形状を表すint64の長さ2のベクトル。最初の値はNで、2番目の値は単一の入力エントリ内のトークンの最大数です。

コンストラクタとデストラクタ

StringSplit (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, :: tensorflow::Input delimiter)
StringSplit (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, :: tensorflow::Input delimiter, const StringSplit::Attrs & attrs)

公開属性

indices
operation
shape
values

パブリック静的関数

SkipEmpty (bool x)

構造

tensorflow :: ops :: StringSplit :: Attrs

StringSplitのオプションの属性セッター。

公開属性

指数

::tensorflow::Output indices

操作

Operation operation

形状

::tensorflow::Output shape

::tensorflow::Output values

公開機能

StringSplit

 StringSplit(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  ::tensorflow::Input delimiter
)

StringSplit

 StringSplit(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  ::tensorflow::Input delimiter,
  const StringSplit::Attrs & attrs
)

パブリック静的関数

SkipEmpty

Attrs SkipEmpty(
  bool x
)