警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

セッション

パブリックファイナルクラスセッション

Graph実行用のドライバー。

Sessionインスタンスは、 Graph内のOperationが実行されてTensorsを計算する環境をカプセル化します。例:

// Let's say graph is an instance of the Graph class
 // for the computation y = 3 * x

 try (Session s = new Session(graph)) {
   try (Tensor x = Tensor.create(2.0f);
       Tensor y = s.runner().feed("x", x).fetch("y").run().get(0)) {
       System.out.println(y.floatValue());  // Will print 6.0f
   
   try (Tensor x = Tensor.create(1.1f);
       Tensor y = s.runner().feed("x", x).fetch("y").run().get(0)) {
       System.out.println(y.floatValue());  // Will print 3.3f
   }
 }
 }

警告: Sessionは、 close()を呼び出すことによって明示的に解放する必要があるリソースを所有しています。

セッションのインスタンスはスレッドセーフです。

ネストされたクラス

クラスSession.Runセッションの実行時に取得されたテンソルとメタデータを出力します。
クラスSession.Runner Operation実行し、 Tensorsを評価しTensors

パブリックコンストラクター

セッショングラフg)
関連するGraphして新しいセッションを構築します。
セッショングラフg、byte [] config)
関連するGraphと構成オプションを使用して新しいセッションを構築します。

パブリックメソッド

ボイド
閉じる()
セッションに関連するリソースを解放します。
Session.Runner
ランナー()
グラフ操作を実行してテンソルを評価するランナーを作成します。

継承されたメソッド

パブリックコンストラクタ

公開セッショングラフg)

関連するGraphして新しいセッションを構築します。

パブリックセッショングラフg、byte [] config)

関連するGraphと構成オプションを使用して新しいセッションを構築します。

パラメーター
g作成されたセッションが動作するGraph
設定シリアル化されたConfigProtoプロトコルバッファとして指定されたセッションの構成パラメータ。
投げる
IllegalArgumentException構成がConfigProtoプロトコルバッファの有効なシリアル化ではない場合。

パブリックメソッド

public void close ()

セッションに関連するリソースを解放します。

アクティブな実行がなくなるまでブロックしrun()呼び出し)。クローズが戻った後、セッションは使用できません。

public Session.Runner runner ()

グラフ操作を実行してテンソルを評価するランナーを作成します。