警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

AllToAll

パブリックファイナルクラスAllToAll

TPUレプリカ間でデータを交換するための操作。

各レプリカで、入力は `split_dimension`に沿って` split_count`ブロックに分割され、group_assignmentを指定して他のレプリカに送信されます。他のレプリカから `split_count`-1ブロックを受け取った後、出力として` concat_dimension`に沿ってブロックを連結します。

たとえば、2つのTPUレプリカがあるとします。レプリカ0は入力を受け取ります: `[[A、B]]`レプリカ1は入力を受け取ります: `[[C、D]]`

group_assignment = `[[0、1]]` concat_dimension = 0 split_dimension = 1 split_count = 2

レプリカ0の出力: `[[A]、[C]]`レプリカ1の出力: `[[B]、[D]]`

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T> AllToAll <T>
createスコープスコープ、オペランド<T>入力、オペランド<整数> groupAssignment、Long concatDimension、Long splitDimension、Long splitCount)
新しいAllToAll操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
出力()
交換された結果。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static AllToAll <T> create スコープスコープ、オペランド<T>入力、オペランド<整数> groupAssignment、Long concatDimension、Long splitDimension、Long splitCount)

新しいAllToAll操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
入力合計へのローカル入力。
groupAssignment形状が[num_groups、num_replicas_per_group]のint32テンソル。 `group_assignment [i]`は、i番目のサブグループのレプリカIDを表します。
concatDimension連結する次元番号。
splitDimension分割する次元番号。
splitCount分割の数。この数はサブグループのサイズと等しくなければなりません(group_assignment.get_shape()[1])
戻り値
  • AllToAllの新しいインスタンス

public Output <T> output ()

交換された結果。