警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

AssignAdd

パブリック最終クラスAssignAdd

'value'を追加して 'ref'を更新します。

この操作は、更新が行われた後に「ref」を出力します。これにより、リセット値を使用する必要のある操作を連鎖させることが容易になります。

ネストされたクラス

クラスAssignAdd.Options AssignAddオプションの属性

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T> AssignAdd <T>
createスコープスコープ、オペランド<T>参照、オペランド<T>値、オプション...オプション)
新しいAssignAdd操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
outputRef ()
=「ref」と同じ。
静的AssignAdd.Options
useLocking (ブール値useLocking)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static AssignAdd <T> create スコープスコープ、オペランド<T>参照、オペランド<T>値、オプション...オプション)

新しいAssignAdd操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
ref `Variable`ノードからのものである必要があります。
変数に追加される値。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • AssignAddの新しいインスタンス

public Output <T> outputRef ()

=「ref」と同じ。変数が更新された後に新しい値を使用したい操作の便宜のために返されます。

public static AssignAdd.Options useLocking (ブール値useLocking)

パラメーター
useLocking Trueの場合、追加はロックによって保護されます。それ以外の場合、動作は定義されていませんが、競合が少なくなる可能性があります。