警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

バッチ

パブリックファイナルクラスバッチ

すべての入力テンソルを非決定的にバッチ処理します。

このOpの多くのインスタンスが同じデバイス内の同じcontainer / shared_nameと同時に実行されている場合、ゼロ型のテンソルを出力するものと、max_batch_sizeまでのサイズのテンソルを出力するものがあります。

in_tensors内のすべてのテンソルは一緒にバッチ処理されます(たとえば、ラベルとフィーチャは、この操作の単一のインスタンスでバッチ処理する必要があります。

バッチを呼び出すたびに `id`スカラーが出力されます。これは、バッチ解除またはそのグラデーションを実行するときに、この特定の呼び出しを識別するために使用されます。

空でないバッチを発行する各opは、空でないbatch_index Tensorも発行します。これは、[K、3]行列であり、各行には、呼び出しのID、開始、およびに存在するTensorの各セットの要素の長さが含まれます。 batched_tensors。

バッチテンソルは最初の次元に沿って連結され、in_tensors内のすべてのテンソルは同じサイズの最初の次元を持っている必要があります。

in_tensors:バッチ処理されるテンソル。 num_batch_threads:作業のバッチを処理するためのスケジューリングスレッドの数。並行して処理されるバッチの数を決定します。 max_batch_size:バッチサイズがこれより大きくなることはありません。 batch_timeout_micros:不完全なバッチを出力する前に待機する最大マイクロ秒数。 allowed_batch_sizes:許可されたバッチサイズのオプションのリスト。空のままにすると、何もしません。それ以外の場合は、バッチサイズのリストを提供し、opがそれらのサイズの1つまでバッチをパディングするようにします。エントリは単調に増加する必要があり、最終的なエントリはmax_batch_sizeと等しくなければなりません。 grad_timeout_micros:グラデーションに使用するタイムアウト。 Unbatchを参照してください。 batched_tensors:空のテンソルまたは連結されたテンソルのバッチ。 batch_index:out_tensorsが空でない場合、それを反転するための情報があります。コンテナ:このバッチの共有範囲を制御します。 id:このBatchの呼び出しに対して一意のIDを持つスカラーが常に含まれます。 shared_name:同じコンテナとshared_nameを使用して同じデバイスでバッチのインスタンスを同時に実行すると、それらの要素が一緒にバッチ処理されます。空のままにすると、op名が共有名として使用されます。 T:バッチ処理されるテンソルのタイプ。

ネストされたクラス

クラスBatch.Options Batchオプション属性

パブリックメソッド

静的Batch.Options
allowedBatchSizes (List <Long> allowedBatchSizes)
出力<ロング>
batchIndex ()
リスト<出力<?>>
静的Batch.Options
batchingQueue (文字列batchingQueue)
静的Batch.Options
コンテナ(文字列コンテナ)
静的バッチ
createスコープスコープ、Iterable < Operand <?>> inTensors、Long numBatchThreads、Long maxBatchSize、Long batchTimeoutMicros、Long gradTimeoutMicros、 Options ...オプション)
新しいバッチ操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<ロング>
id ()
静的Batch.Options
maxEnqueuedBatches (長いmaxEnqueuedBatches)
静的Batch.Options
sharedName (String sharedName)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static Batch.Options allowedBatchSizes (List <Long> allowedBatchSizes)

public Output <Long> batchIndex ()

public List < Output <?>> batchedTensors ()

パブリック静的Batch.Options batchingQueue(文字列batchingQueue)

public static Batch.Optionsコンテナ(文字列コンテナ)

public static Batch create スコープスコープ、Iterable <オペランド<?>> inTensors、Long numBatchThreads、Long maxBatchSize、Long batchTimeoutMicros、Long gradTimeoutMicros、 Options ...オプション)

新しいバッチ操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • バッチの新しいインスタンス

public Output <Long> id ()

public static Batch.Options maxEnqueuedBatches (Long maxEnqueuedBatches)

public static Batch.Options sharedName (String sharedName)