警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

BlockLSTMGradV2

パブリックファイナルクラスBlockLSTMGradV2

時系列全体のLSTMセル後方伝搬を計算します。

この実装は、BlockLSTMV2と組み合わせて使用​​されます。

パブリックメソッド

出力<T>
bGrad ()
wがバックプロップされる勾配。
static <T extends Number> BlockLSTMGradV2 <T>
createスコープスコープ、オペランド<Long> seqLenMax、オペランド<T> x、オペランド<T> csPrev、オペランド<T> hPrev、オペランド<T> w、オペランド<T> wci、オペランド<T> wcf、オペランド<T > wco、オペランド<T> b、オペランド<T> i、オペランド<T> cs、オペランド<T> f、オペランド<T> o、オペランド<T> ci、オペランド<T> co、オペランド<T> h 、オペランド<T> csGrad、オペランド<T> hGrad、ブールusePeephole)
新しいBlockLSTMGradV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
csPrevGrad ()
バックプロップされるcs_prevの勾配。
出力<T>
hPrevGrad ()
バックプロップされるh_prevの勾配。
出力<T>
wGrad ()
wがバックプロップされる勾配。
出力<T>
wcfGrad ()
wcfをバックプロップするための勾配。
出力<T>
wciGrad ()
wciをバックプロップするための勾配。
出力<T>
wcoGrad ()
wcoをバックプロップするための勾配。
出力<T>
xGrad ()
バックプロップされるxの勾配。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> bGrad ()

wがバックプロップされる勾配。

public static BlockLSTMGradV2 <T> create スコープスコープ、オペランド<Long> seqLenMax、オペランド<T> x、オペランド<T> csPrev、オペランド<T> hPrev、オペランド<T> w、オペランド<T> wci、オペランド<T > wcf、 Operand <T> wco、 Operand <T> b、 Operand <T> i、 Operand <T> cs、 Operand <T> f、 Operand <T> o、 Operand <T> ci、 Operand <T> co 、オペランド<T> h、オペランド<T> csGrad、オペランド<T> hGrad、ブールusePeephole)

新しいBlockLSTMGradV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
seqLenMaxこの入力で実際に使用される最大時間。出力には、この長さを超えるゼロが埋め込まれます。
バツLSTMへのシーケンス入力、形状(timelen、batch_size、num_inputs)。
csPrev初期セル状態の値。
hPrevセルの初期出力(のぞき穴に使用)。
w重み行列。
wci入力ゲートののぞき穴接続の重み行列。
wcfゲートののぞき穴接続を忘れるための重み行列。
wco出力ゲートののぞき穴接続の重み行列。
bバイアスベクトル。
時系列全体にわたる入力ゲート。
cs時系列全体にわたるタンの前のセル状態。
f時系列全体にわたる忘却ゲート。
oタイムシーケンス全体にわたる出力ゲート。
ci時系列全体にわたるセル入力。
co時系列全体にわたる日焼け後のセル。
h時系列全体にわたる出力hベクトル。
csGrad csの現在の勾配。
hGrad hベクトルの勾配。
usePeepholeのぞき穴ウェイトを使用するかどうか。
戻り値
  • BlockLSTMGradV2の新しいインスタンス

public Output <T> csPrevGrad ()

バックプロップされるcs_prevの勾配。

public Output <T> hPrevGrad ()

バックプロップされるh_prevの勾配。

public Output <T> wGrad ()

wがバックプロップされる勾配。

public Output <T> wcfGrad ()

wcfをバックプロップするための勾配。

public Output <T> wciGrad ()

wciをバックプロップするための勾配。

public Output <T> wcoGrad ()

wcoがバックプロップされるための勾配。

public Output <T> xGrad ()

バックプロップされるxの勾配。