警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

BlockLSTMV2

パブリックファイナルクラスBlockLSTMV2

すべてのタイムステップのLSTMセル順伝播を計算します。

これは、次のようにループでLSTMBlockCellを適用することと同等です:

for x1 in unpack(x):
   i1, cs1, f1, o1, ci1, co1, h1 = LSTMBlock(
     x1, cs_prev, h_prev, w, wci, wcf, wco, b)
   cs_prev = cs1
   h_prev = h1
   i.append(i1)
   cs.append(cs1)
   f.append(f1)
   o.append(o1)
   ci.append(ci1)
   co.append(co1)
   h.append(h1)
 return pack(i), pack(cs), pack(f), pack(o), pack(ci), pack(ch), pack(h)
 
 Note that unlike LSTMBlockCell (and BlockLSTM) which uses ICFO gate layout,
 this op uses IFCO. So in order for the following snippet to be equivalent
 all gate-related outputs should be reordered.
 

ネストされたクラス

クラスBlockLSTMV2.Options BlockLSTMV2オプションの属性

パブリックメソッド

静的BlockLSTMV2.Options
cellClip (フロートcellClip)
出力<T>
ci ()
時系列全体にわたるセル入力。
出力<T>
co ()
時系列全体にわたる日焼け後のセル。
static <T extends Number> BlockLSTMV2 <T>
createスコープスコープ、オペランド<Long> seqLenMax、オペランド<T> x、オペランド<T> csPrev、オペランド<T> hPrev、オペランド<T> w、オペランド<T> wci、オペランド<T> wcf、オペランド<T > wco、オペランド<T> b、オプション...オプション)
新しいBlockLSTMV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
cs ()
時系列全体にわたるタンの前のセル状態。
出力<T>
f ()
時系列全体にわたる忘却ゲート。
出力<T>
h ()
時系列全体にわたる出力hベクトル。
出力<T>
i ()
時系列全体にわたる入力ゲート。
出力<T>
o ()
タイムシーケンス全体にわたる出力ゲート。
静的BlockLSTMV2.Options
usePeephole (ブール値usePeephole)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static BlockLSTMV2.Options cellClip (Float cellClip)

パラメーター
cellClip 'cs'値をクリップする値。

public Output <T> ci ()

時系列全体にわたるセル入力。

public Output <T> co ()

時系列全体にわたる日焼け後のセル。

public static BlockLSTMV2 <T> create スコープスコープ、オペランド<Long> seqLenMax、オペランド<T> x、オペランド<T> csPrev、オペランド<T> hPrev、オペランド<T> w、オペランド<T> wci、オペランド<T > wcf、オペランド<T> wco、オペランド<T> b、オプション...オプション)

新しいBlockLSTMV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
seqLenMaxこの入力で実際に使用される最大時間。出力には、この長さを超えるゼロが埋め込まれます。
バツLSTMへのシーケンス入力、形状(timelen、batch_size、num_inputs)。
csPrev初期セル状態の値。
hPrevセルの初期出力(のぞき穴に使用)。
w重み行列。
wci入力ゲートののぞき穴接続の重み行列。
wcfゲートののぞき穴接続を忘れるための重み行列。
wco出力ゲートののぞき穴接続の重み行列。
bバイアスベクトル。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • BlockLSTMV2の新しいインスタンス

public Output <T> cs ()

時系列全体にわたるタンの前のセル状態。

パブリック出力<T> f ()

時系列全体にわたる忘却ゲート。

パブリック出力<T> h ()

時系列全体にわたる出力hベクトル。

パブリック出力<T> i ()

時系列全体にわたる入力ゲート。

パブリック出力<T> o ()

タイムシーケンス全体にわたる出力ゲート。

public static BlockLSTMV2.Options usePeephole (ブール値usePeephole)

パラメーター
usePeepholeのぞき穴ウェイトを使用するかどうか。