警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

BoostedTreesCalculateBestFeatureSplitV2

パブリックファイナルクラスBoostedTreesCalculateBestFeatureSplitV2

各機能のゲインを計算し、各ノードの可能な限り最良の分割情報を返します。ただし、分割が見つからない場合、そのノードの分割情報は返されません。

分割情報は、各機能のノードごとの最適なしきい値(バケットID)、ゲイン、および左右のノードの寄与です。

すべてのノードを各機能で分割できるわけではない可能性があります。したがって、可能なノードのリストは機能間で異なる可能性があります。したがって、この機能を使用して分割できるノードのリストを含む、各機能の `node_ids_list`を返します。

このように、出力は機能ごとおよびノー​​ドごとに最適な分割であるため、後で結合して、各ノード(すべての可能な機能の中で)に最適な分割を生成する必要があります。

出力形状は、すべてのテンソルの最初の次元が同じであり、各フィーチャの可能な分割ノードの数に等しいという点で互換性があります。

パブリックメソッド

static BoostedTreesCalculateBestFeatureSplitV2
作成スコープのスコープを、オペランド<整数> nodeIdRange、反復処理可能<オペランド<フロート>> statsSummariesList、オペランドの<string> splitTypes、オペランド<整数> candidateFeatureIds、オペランド<フロート> L1、オペランド<フロート> L2、オペランド<フロート> treeComplexity、オペランド<Float> minNodeWeight、Long logitsDimension)
新しいBoostedTreesCalculateBestFeatureSplitV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<整数>
featureDimensions ()
特徴が多次元である場合に特定のノードで分割する各特徴の最適な特徴次元を示すランク1テンソル。
出力<整数>
featureIds ()
各ノードに最適な機能IDを示すランク1テンソル。
出力<フロート>
ゲイン()
特定のノードで分割する各機能の最良のゲインを示すランク1テンソル。
出力<フロート>
leftNodeContribs ()
親ノード(出力node_ids_listのテンソル要素によって与えられる)から各特徴の指定されたしきい値によって左方向に分岐するときの左ノードの寄与を示すランク2テンソル。
出力<整数>
nodeIds ()
各機能の可能な分割ノードIDを示すランク1テンソル。
出力<フロート>
rightNodeContribs ()
left_node_contribs_listと同じ形状/条件のランク2テンソルですが、値は右ノードのものです。
出力<文字列>
splitWithDefaultDirections ()
データが欠落している場合に進む方向を示すランク1テンソル。
出力<整数>
しきい値()
各ノードで分割するために(しきい値として)比較するバケットIDを示すランク1テンソル。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static BoostedTreesCalculateBestFeatureSplitV2 create スコープスコープ、 Operand <Integer> nodeIdRange、Iterable < Operand <Float >> statsSummariesList、 Operand <String> splitTypes、 Operand <Integer> CandidateFeatureIds、 Operand <Float> l1、 Operand <Float> l2、 Operand <Float > treeComplexity、 Operand <Float> minNodeWeight、Long logitsDimension)

新しいBoostedTreesCalculateBestFeatureSplitV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
nodeIdRange `stats_summary_list`内で処理するノードIDの範囲[最初、最後)を指定するランク1テンソル(shape = [2])。ノードは、 `for node_id in range(node_id_range [0]、node_id_range [1])`のように、テンソルによって指定された2つのノード間で繰り返されます(最後のインデックスnode_id_range [1]は排他的であることに注意してください)。
statsSummariesList各機能のノードごと、ディメンションごと、バケットごとの累積統計サマリー(勾配/ヘッセ行列)のランク4テンソル(#shape = [max_splits、feature_dims、bucket、stats_dims])のリスト。テンソルの最初の次元は分割の最大数であるため、そのすべての要素が使用されるわけではなく、node_idsで指定されたインデックスのみが使用されます。
splitTypesこのOpが機能ごとに不等式分割または等式分割を実行する必要があるかどうかを示すランク1テンソル。
CandidateFeatureIds各機能のIDを持つランク1のテンソル。これは、機能の実際のIDです。
l1インスタンスごとの、葉の重みに対するl1正則化係数。
l2インスタンスごとの、葉の重みに対するl2正則化係数。
treeComplexityリーフごとのゲインの調整。
minNodeWeightノードが分割の対象となるために必要になる前の、ノード内のヘシアンの最小平均。
logitsDimensionロジットの次元、つまりクラスの数。
戻り値
  • BoostedTreesCalculateBestFeatureSplitV2の新しいインスタンス

public Output <Integer> featureDimensions ()

特徴が多次元である場合に特定のノードで分割する各特徴の最適な特徴次元を示すランク1テンソル。形状やサイズなどの詳細については、上記を参照してください。

public Output <Integer> featureIds ()

各ノードに最適な機能IDを示すランク1テンソル。形状やサイズなどの詳細については、上記を参照してください。

public Output <Float>ゲイン()

特定のノードで分割する各機能の最良のゲインを示すランク1テンソル。形状やサイズなどの詳細については、上記を参照してください。

public Output <Float> leftNodeContribs ()

親ノード(出力node_ids_listのテンソル要素によって与えられる)から各特徴の指定されたしきい値によって左方向に分岐するときの左ノードの寄与を示すランク2テンソル。この値は、親ノードの値に追加することにより、左側のノードの値を作成するために使用されます。 2次元サイズは1次元ロジットの場合は1ですが、マルチクラス問題の場合は大きくなります。形状やサイズなどの詳細については、上記を参照してください。

public Output <Integer> nodeIds ()

各機能の可能な分割ノードIDを示すランク1テンソル。リストの長さはnum_featuresですが、各機能が異なる可能なノードを提供するため、各テンソルのサイズは異なります。形状やサイズなどの詳細については、上記を参照してください。

public Output <Float> rightNodeContribs ()

left_node_contribs_listと同じ形状/条件のランク2テンソルですが、値は右ノードのものです。

public Output <String> splitWithDefaultDirections ()

データが欠落している場合に進む方向を示すランク1テンソル。形状やサイズなどの詳細については、上記を参照してください。デフォルトの左の不等式は0を返し、デフォルトの右の不等式は1を返し、デフォルトの右の不等式は2を返します。

public Output <整数>しきい値()

各ノードで分割するために(しきい値として)比較するバケットIDを示すランク1テンソル。形状やサイズなどの詳細については、上記を参照してください。