警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

BoostedTreesCreateQuantileStreamResource

パブリック最終クラスBoostedTreesCreateQuantileStreamResource

分位ストリームのリソースを作成します。

ネストされたクラス

クラスBoostedTreesCreateQuantileStreamResource.Options BoostedTreesCreateQuantileStreamResourceオプションの属性

パブリックメソッド

静的BoostedTreesCreateQuantileStreamResource
createスコープスコープ、オペランド<?> QuantileStreamResourceHandle、オペランド<Float>イプシロン、オペランド<Long> numStreams、オプション...オプション)
新しいBoostedTreesCreateQuantileStreamResource操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
static BoostedTreesCreateQuantileStreamResource.Options
maxElements (Long maxElements)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static BoostedTreesCreateQuantileStreamResource create スコープスコープ、オペランド<?> QuantileStreamResourceHandle オペランド<フロート>イプシロン、オペランド<ロング> numStreams、オプション...オプション)

新しいBoostedTreesCreateQuantileStreamResource操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
QuantileStreamResourceHandle資源;ストリームリソースを分位するためのハンドル。
イプシロン浮く;ストリームリソースに必要な近似誤差。
numStreams int;同じイプシロンを共有するリソースによって管理されるストリームの数。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • BoostedTreesCreateQuantileStreamResourceの新しいインスタンス

public static BoostedTreesCreateQuantileStreamResource.Options maxElements (Long maxElements)

パラメーター
maxElements int;ストリームに供給することができるデータポイントの最大数。