警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

BoostedTreesQuantileStreamResourceFlush

パブリックファイナルクラスBoostedTreesQuantileStreamResourceFlush

分位ストリームリソースの要約をフラッシュします。

分位ストリームリソースの要約をフラッシュする操作。

ネストされたクラス

クラスBoostedTreesQuantileStreamResourceFlush.Options BoostedTreesQuantileStreamResourceFlushオプションの属性

パブリックメソッド

静的BoostedTreesQuantileStreamResourceFlush
createスコープスコープ、オペランド<?> QuantileStreamResourceHandle、オペランド<Long> numBuckets、オプション...オプション)
新しいBoostedTreesQuantileStreamResourceFlush操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
static BoostedTreesQuantileStreamResourceFlush.Options
generateQuantiles (ブール値generateQuantiles)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static BoostedTreesQuantileStreamResourceFlush create スコープスコープ、オペランド<?> QuantileStreamResourceHandle、オペランド<Long> numBuckets、オプション...オプション)

新しいBoostedTreesQuantileStreamResourceFlush操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
QuantileStreamResourceHandle QuantileStreamResourceを参照するリソースハンドル。
numBuckets int; generate_quantilesを使用しない限り、バケットのおおよその数。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • BoostedTreesQuantileStreamResourceFlushの新しいインスタンス

public static BoostedTreesQuantileStreamResourceFlush.Options generateQuantiles (ブール値generateQuantiles)

パラメーター
generateQuantilesブール; Trueの場合、出力は各ストリームのnum_quantilesになります。ここで、i番目のエントリは入力のi番目の分位数であり、近似誤差はイプシロンです。値が重複している可能性があります。 Falseの場合、出力は、取得したヒストグラム内のポイントになります。これは、ほぼ1 /イプシロン境界に変換され、重複はありません。デフォルトはFalseです。