警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

BoostedTreesTrainingPredict

パブリックファイナルクラスBoostedTreesTrainingPredict

入力インスタンスで複数の加法回帰アンサンブル予測子を実行し、

キャッシュされたロジットの更新を計算します。トレーニング中に使用するように設計されています。キャッシュされたツリーIDとキャッシュされたノードIDから開始してツリーをトラバースし、キャッシュにプッシュされる更新を計算します。

パブリックメソッド

静的BoostedTreesTrainingPredict
createスコープスコープ、オペランド<?> treeEnsembleHandle、オペランド<整数> cachedTreeIds、オペランド<整数> cachedNodeIds、反復可能<オペランド<整数>> BucketizedFeatures、Long logitsDimension)
新しいBoostedTreesTrainingPredict操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<整数>
nodeIds ()
新しいtree_idsに新しいノードIDを含むランク1のテンソル。
出力<フロート>
partialLogits ()
各例のロジット更新を含むランク2テンソル(保存されたキャッシュ値に関して)。
出力<整数>
treeIds ()
各例の新しいツリーIDを含むランク1のテンソル。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static BoostedTreesTrainingPredict create スコープスコープ、オペランド<?> treeEnsembleHandle、オペランド<整数> cachedTreeIds、オペランド<整数> cachedNodeIds、反復可能<オペランド<整数>> BucketizedFeatures、Long logitsDimension)

新しいBoostedTreesTrainingPredict操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
cachedTreeIds予測の開始ツリーであるキャッシュされたツリーIDを含むランク1テンソル。
cachedNodeIds予測の開始ノードであるキャッシュされたノードIDを含むランク1テンソル。
バケット化された機能各機能のバケットIDを含むランク1テンソルのリスト。
logitsDimension部分的なロジットの形状に使用されるスカラー、ロジットの次元。
戻り値
  • BoostedTreesTrainingPredictの新しいインスタンス

public Output <Integer> nodeIds ()

新しいtree_idsに新しいノードIDを含むランク1のテンソル。

public Output <Float> partialLogits ()

各例のロジット更新を含むランク2テンソル(保存されたキャッシュ値に関して)。

public Output <Integer> treeIds ()

各例の新しいツリーIDを含むランク1のテンソル。