警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

CombinedNonMaxSuppression

パブリックファイナルクラスCombinedNonMaxSuppression

スコアの降順で境界ボックスのサブセットを貪欲に選択し、

この操作は、すべてのクラスにわたって、バッチごとの入力に対してnon_max_suppressionを実行します。高い交差オーバーユニオン(IOU)を持つボックスを削除して、以前に選択したボックスとオーバーラップします。境界ボックスは[y1、x1、y2、x2]として提供されます。ここで、(y1、x1)および(y2、x2)はボックスの角の対角線ペアの座標であり、座標は正規化されたものとして提供できます(つまり、間隔[0、1])または絶対。このアルゴリズムは、原点が座標系のどこにあるかに依存しないことに注意してください。また、このアルゴリズムは、座標系の直交変換および平行移動に対して不変であることに注意してください。したがって、座標系の変換または反射により、アルゴリズムによって同じボックスが選択されます。この操作の出力は、non_max_suppressionを実行した後に返される最後のボックス、スコア、およびクラステンソルです。

ネストされたクラス

クラスCombinedNonMaxSuppression.Options CombinedNonMaxSuppressionオプションの属性

パブリックメソッド

static CombinedNonMaxSuppression.Options
clipBoxes (ブールclipBoxes)
静的CombinedNonMaxSuppression
createスコープスコープ、オペランド<フロート>ボックス、オペランド<フロート>スコア、オペランド<整数> maxOutputSizePerClass、オペランド<整数> maxTotalSize、オペランド<フロート> iouThreshold、オペランド<フロート>スコアしきい値、オプション...オプション)
新しいCombinedNonMaxSuppression操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<フロート>
nmsedBoxes ()
[batch_size、max_detections、4]非max抑制ボックスを含むfloat32テンソル。
出力<フロート>
nmsedClasses ()
ボックスのクラスを含む[batch_size、max_detections] float32テンソル。
出力<フロート>
nmsedScores ()
ボックスのスコアを含む[batch_size、max_detections] float32テンソル。
static CombinedNonMaxSuppression.Options
padPerClass (ブール値padPerClass)
出力<整数>
validDetections ()
バッチアイテムごとの有効な検出の数を示す[batch_size] int32テンソル。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static CombinedNonMaxSuppression.Options clipBoxes (ブールclipBoxes)

パラメーター
clipBoxes trueの場合、ボックスの座標が[0、1]の間にあると想定し、出力ボックスが[0、1]を超えている場合はクリップします。 falseの場合、クリッピングを行わず、ボックスの座標をそのまま出力します。

public static CombinedNonMaxSuppression create スコープスコープ、オペランド<フロート>ボックス、オペランド<フロート>スコア、オペランド<整数> maxOutputSizePerClass、オペランド<整数> maxTotalSize、オペランド<フロート> iouThreshold、オペランド<フロート>スコアしきい値、オプション...オプション)

新しいCombinedNonMaxSuppression操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
ボックス形状 `[batch_size、num_boxes、q、4]`の4次元フロートテンソル。 `q`が1の場合、すべてのクラスに同じボックスが使用されます。それ以外の場合、` q`がクラスの数と等しい場合、クラス固有のボックスが使用されます。
スコア各ボックス(ボックスの各行)に対応する単一のスコアを表す形状 `[batch_size、num_boxes、num_classes]`の3Dフロートテンソル。
maxOutputSizePerClassクラスごとの非最大抑制によって選択されるボックスの最大数を表すスカラー整数テンソル
maxTotalSizeすべてのクラスで保持されるボックスの最大数を表すスカラー。
iouThresholdボックスがIOUに対してオーバーラップしすぎているかどうかを判断するためのしきい値を表す0次元フロートテンソル。
scoreThresholdスコアに基づいてボックスを削除するタイミングを決定するためのしきい値を表す0次元のフロートテンソル。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • CombinedNonMaxSuppressionの新しいインスタンス

public Output <Float> nmsedBoxes ()

[batch_size、max_detections、4]非max抑制ボックスを含むfloat32テンソル。

public Output <Float> nmsedClasses ()

ボックスのクラスを含む[batch_size、max_detections] float32テンソル。

public Output <Float> nmsedScores ()

ボックスのスコアを含む[batch_size、max_detections] float32テンソル。

public static CombinedNonMaxSuppression.Options padPerClass (ブール値padPerClass)

パラメーター
padPerClass falseの場合、出力nmsedボックス、スコア、およびクラスは、 `max_total_size`にパディング/クリップされます。 trueの場合、出力nmsedボックス、スコア、およびクラスは、長さが `max_size_per_class` *` num_classes`になるようにパディングされます。ただし、 `max_total_size`を超える場合は、` max_total_size`にクリップされます。デフォルトはfalseです。

public Output <Integer> validDetections ()

バッチアイテムごとの有効な検出の数を示す[batch_size] int32テンソル。 nms_boxes [i]、nms_scores [i]、およびnms_class [i]の上位のnum_detections [i]エントリのみが有効です。残りのエントリはゼロパディングです。