警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

CudnnRNNCanonicalToParamsV2

パブリックファイナルクラスCudnnRNNCanonicalToParamsV2

CudnnRNNパラメータを正規形式から使用可能な形式に変換します。 LSTMでの投影をサポートします。

重みのセットを不透明なparamsバッファーに書き込み、今後のトレーニングや推論で使用できるようにします。

paramsバッファーは異なるGPU間で互換性がない場合があることに注意してください。したがって、保存と復元は、正規の重みとバイアスとの間で変換する必要があります。

num_layers:RNNモデルのレイヤー数を指定します。 num_units:非表示状態のサイズを指定します。 input_size:入力状態のサイズを指定します。ウェイト:保存と復元に使用できるウェイトの正規形式。それらは、異なる世代間で互換性がある可能性が高くなります。バイアス:保存と復元に使用できるバイアスの標準形式。それらは、異なる世代間で互換性がある可能性が高くなります。 num_params_weights:すべてのレイヤーの重みパラメーター行列の数。 num_params_biases:すべてのレイヤーのバイアスパラメーターベクトルの数。 rnn_mode:RNNモデルのタイプを示します。 input_mode:入力と最初のレイヤーの前の実際の計算の間に線形射影があるかどうかを示します。 'skip_input'は、input_size == num_unitsの場合にのみ許可されます。 'auto_select'は、input_size == num_unitsの場合、 'skip_input'を意味します。それ以外の場合は、「linear_input」を意味します。方向:双方向モデルを使用するかどうかを示します。 dir =(方向==双方向)? 2:1ドロップアウト:ドロップアウト確率。 0に設定すると、ドロップアウトは無効になります。シード:ドロップアウトを初期化するシードの最初の部分。 seed2:ドロップアウトを初期化するシードの2番目の部分。 num_proj:射影行列の出力次元。 Noneまたは0の場合、投影は実行されません。

ネストされたクラス

クラスCudnnRNNCanonicalToParamsV2.Options CudnnRNNCanonicalToParamsV2オプションの属性

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T extends Number> CudnnRNNCanonicalToParamsV2 <T>
createスコープスコープ、オペランド<整数> numLayers、オペランド<整数> numUnits、オペランド<整数> inputSize、反復可能<オペランド<T >>重み、反復可能<オペランド<T >>バイアス、オプション...オプション)
新しいCudnnRNNCanonicalToParamsV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
静的CudnnRNNCanonicalToParamsV2.Options
方向(文字列方向)
静的CudnnRNNCanonicalToParamsV2.Options
ドロップアウト(フロートドロップアウト)
静的CudnnRNNCanonicalToParamsV2.Options
inputMode (String inputMode)
静的CudnnRNNCanonicalToParamsV2.Options
numProj (長いnumProj)
出力<T>
params ()
静的CudnnRNNCanonicalToParamsV2.Options
rnnMode (文字列rnnMode)
静的CudnnRNNCanonicalToParamsV2.Options
種子(ロングシード)
静的CudnnRNNCanonicalToParamsV2.Options
seed2 (ロングシード2)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static CudnnRNNCanonicalToParamsV2 <T> create スコープスコープ、オペランド<整数> numLayers、オペランド<整数> numUnits、オペランド<整数> inputSize、反復可能<オペランド<T >>重み、反復可能<オペランド<T >>バイアス、オプション。 。オプション)

新しいCudnnRNNCanonicalToParamsV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • CudnnRNNCanonicalToParamsV2の新しいインスタンス

public static CudnnRNNCanonicalToParamsV2.Options direction (文字列方向)

public static CudnnRNNCanonicalToParamsV2.Optionsドロップアウト(フロートドロップアウト)

public static CudnnRNNCanonicalToParamsV2.Options inputMode (String inputMode)

public static CudnnRNNCanonicalToParamsV2.Options numProj (Long numProj)

public Output <T> params ()

public static CudnnRNNCanonicalToParamsV2.Options rnnMode (String rnnMode)

public static CudnnRNNCanonicalToParamsV2.Optionsシード(ロングシード)

public static CudnnRNNCanonicalToParamsV2.Options seed2 (Long seed2)