警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

CumulativeLogsumexp

パブリック最終クラスCumulativeLogsumexp

`axis`に沿ったテンソル` x`の累積積を計算します。

デフォルトでは、この演算は包括的累積log-sum-expを実行します。これは、入力の最初の要素が出力の最初の要素と同一であることを意味します。代わりにlog-sum-expが実行されます。

tf.cumulative_logsumexp([a, b, c], exclusive=True)  # => [-inf, a, log(exp(a) * exp(b))]
 
log-sum-exp操作のニュートラル要素は `-inf`ですが、パフォーマンス上の理由から、代わりに浮動小数点型で表される最小値が使用されます。

`reverse`kwargを` True`に設定すると、累積log-sum-expが反対方向に実行されます。

ネストされたクラス

クラスCumulativeLogsumexp.Options CumulativeLogsumexpオプションの属性

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T extends Number、U extends Number> CumulativeLogsumexp <T>
createスコープスコープ、オペランド<T> x、オペランド<U>軸、オプション...オプション)
新しいCumulativeLogsumexp操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
static CumulativeLogsumexp.Options
排他的(ブール排他的)
出力<T>
アウト()
static CumulativeLogsumexp.Options
(ブール逆)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static CumulativeLogsumexp <T> create スコープスコープ、オペランド<T> x、オペランド<U>軸、オプション...オプション)

新しいCumulativeLogsumexp操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
バツ「テンソル」。 `float16`、` float32`、 `float64`のいずれかのタイプである必要があります。
タイプ `int32`の` Tensor`(デフォルト:0)。 `[-rank(x)、rank(x))`の範囲内である必要があります。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • CumulativeLogsumexpの新しいインスタンス

public static CumulativeLogsumexp.Options Exclusive (ブール値排他的)

パラメーター
排他的`True`の場合、排他的な累積log-sum-expを実行します。

public Output <T> out ()

public static CumulativeLogsumexp.Options reverse (ブール値reverse)

パラメーター
逆行する`bool`(デフォルト:False)。